スズキが初めて商品化したハイブリッド車「ソリオ ハイブリッド」

 小型背高ワゴンの市場がにわかに騒がしくなってきた。スズキが同社としては初めての本格的なハイブリッドシステムを搭載した背高ワゴン車「ソリオ ハイブリッド」を11月29日に発売したからだ。これに先立つ11月9日に、トヨタ自動車とダイハツ工業は、ソリオと真っ向から競合する背高ワゴン車「タンク/ルーミー」「トール」を発売した。加えて富士重工業もトールのOEM供給を受けて「ジャスティ」を発売した。それまでソリオが独占していた排気量1.0~1.2Lクラスの背高ワゴン市場に、トヨタグループが4車種で殴り込みをかけてきたわけだ。ソリオ ハイブリッドは、4車種を迎撃する重要な役割を担うことになる。

ソリオが独占していた市場に参入したトヨタ自動車/ダイハツ工業の「タンク/ルーミー」「トール」

 スズキが満を持して投入した新型ハイブリッドシステムは、同社ならではの強みを考え抜いたユニークなものだった。最も特徴的なのが、同社のAGS(オートギアシフト)と組み合わせたことである。AGSについてはこの連載コラムの第18回で、新型「アルト」に搭載されたときの印象を書いているのだが、簡単に言えば、基本構造は手動変速機(マニュアルトランスミッション)のまま、変速操作だけを機械化した自動変速機である。欧州ではAMT(オートメーテッド・マニュアル・トランスミッション)と呼ばれるタイプだ。

●システム構成
スズキが開発したハイブリッドシステムの構成。AGSと組み合わせていることや、駆動用モーターとアイドリングストップからの再始動用モーターを分けているのが特徴