ホンダといえばエンジンの会社、そういうイメージは強い。クルマ、2輪車はもちろんのこと、航空機、汎用エンジン、発電機、芝刈り機、耕うん機、家庭用コージェネレーションシステムまで、およそほとんどのホンダ製品には、何らかのエンジンが積まれている。例外は燃料電池車などごく一部だ。

 そのホンダが本気でモーターに取り組んでいる。もちろんホンダがモーターに取り組み始めたのは今に始まったことではない。ホンダの最初のハイブリッド車(HEV)である初代「インサイト」が発売されたのは1999年で、いまから17年前のことだ。初代インサイトには自社製モーターが積まれていて、これが、動力源としてモーターを内製し始めた最初の例となった。それから、さまざまなHEVや電気自動車(EV)に、ホンダは自社製モーターを搭載してきた。

3種類のシステムを展開

 ホンダは長らく「IMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)」と呼ぶ比較的小型のモーターとエンジンを組み合わせるシステムを使ってきた。そのホンダが、新世代のハイブリッドシステムとして現在展開しているのが、モーターを1個使う比較的小型の車種向けの「SPORT HYBRID i-DCD」、モーターを2個使う中型車種向けの「同 i-MMD」、そして高級車や高級スポーツカー向けの「同 SH-AWD」の3つのハイブリッドシステムである。

 そしてこの3つのハイブリッドシステムは現在も進化中だ。アコードハイブリッドに次いで、i-MMDを積む第2弾の車種となったオデッセイハイブリッドは、この連載の第49回で紹介したように、アコードハイブリッドとは異なる新開発のモーターを搭載して、効率やトルクを向上させた。そして、2013年に発売した現行型「フィットハイブリッド」から搭載しているi-DCDも、9月に発売を予定する新型「フリードハイブリッド」では、重希土類金属を含まない新型モータを採用する。

新型モーターを採用した「オデッセイハイブリッド」のハイブリッドシステム(写真:ホンダ)

 こうした新型モーターの採用に併せて、製造ラインも増設する。i-DCD用の新型モーターの製造ラインを、鈴鹿製作所内で8月から稼働させたほか、i-MMD用の新型モーターの製造ラインも、この7月から11月にかけて、2本を増設し、合計3本にする。ホンダは投資にアクセルを踏み込んでいるのだ。

 こうしたモーターの生産能力増強の背景には、ホンダの電動車両戦略がある。同社は2030年をめどに、販売台数の2/3分をPHEV(プラグインハイブリッド車)、HEV、FCV(燃料電池車)、EVなどの電動車両にするという目標を掲げている。FCVの「クラリティ フューエルセル」のプラットフォームを活用した新型PHEVを2018年までに北米で投入し、その後主要モデルへPHEVを順次拡充していく計画だ。

 今回ホンダは、オデッセイハイブリッド用モーターのために新設した製造ラインと、新型フリードハイブリッド用に新設した製造ラインを、報道関係者に公開した。