自動運転技術の第一弾「プロパイロット1.0」を最初に搭載する新型「セレナ」。8月下旬に発売を予定する

 世界の完成車メーカーとしては最も早く、2014年に自動運転技術の開発ロードマップを公表した日産自動車。その内容は、2016年に高速道路・単一レーンでの自動運転、2018年に高速道路・複数レーンでの自動運転、そして2020年に交差点や十字路を含めた一般道路での自動運転を実用化するというものだ。特に一般道路での自動運転の実用化を明言している完成車メーカーは、国内では日産だけである。そして、自動運転の第一弾がいよいよ商品化されるということで、筆者はいったいどのようなものかと注目していた。そして筆者はその大胆さに驚かされることになった。

カメラだけで実現

 なぜ驚いたかといえば、8月下旬に発売される新型「セレナ」から搭載が始まる自動運転技術「プロパイロット1.0」が、単眼カメラだけでその機能を実現するシステムになっていたからだ。筆者は、恐らく単眼カメラとミリ波レーダーの組み合わせで実現すると予想していた。今回のプロパイロットよりも機能が限定された自動ブレーキや、アダプティブ・クルーズ・コントロール(高速道路で先行車両との距離を自動的に一定に保つようにアクセル、ブレーキを制御する機能)、車線維持支援機能などを実現するのに、他社ではカメラとミリ波レーダー、あるいはカメラとレーザーレーダーというように、複数のセンサーを組み合わせる場合が多いからだ。それなのに日産は、より高度な機能をカメラだけで実現した。

プロパイロット1.0の構成。単眼カメラのほか、電動パワーステアリング(EPS)、横滑り防止装置(VDC)、電動パーキングブレーキ(PKB)、スロットルを制御する「ECM(電子制御モジュール)」、カメラの情報を基に各ユニットを制御する「ADAS ECU」などから構成されている

 単眼カメラだけで構成しているというのは厳密にいうと正確ではない。今回の日産のシステムは、単眼カメラからの情報を基に各ユニットを制御する「ADAS ECU」、ADAS ECUからの司令を受けてステアリングを動かすための電動パワーステアリング(EPS)、エンジンの出力を制御する「ECM(電子制御モジュール)」、ブレーキを制御するための横滑り防止装置(VDC)、停止状態を保持するための電動パーキングブレーキ(PKB)などから構成されている。

 ただし、EPSやVDC、ECMはプロパイロットよりも前から搭載されている装置だし、電動PKBも、運転支援機能とは関係なく、最近のクルマでは装着が進んでいる装備なので、プロパイロットのためだけに装備されているわけではない。その意味では、単眼カメラとADAS ECUを追加しただけで実現した機能だと言っても、あながち嘘にはならないだろう。