明らかに向上した静粛性

 最後に、新型アウトランダーPHEVのプロトタイプをサーキットで試乗できたので、そのインプレッションをお伝えする。最初に従来型のアウトランダーPHEVのスポーツ仕様である「S-Edition」に試乗したのち、新型アウトランダーPHEVの「G Plus Package」に乗り換えた。走り出してすぐに分かるのが、ふれ込み通り静粛性が向上していることだ。

 従来型で加速していくときに感じたエンジン音の高まりが、新型でははっきりと抑えられている。アクセルを踏み込んでいってもその印象は変わらない。もちろん全開加速をすれば新型アウトランダーであってもエンジン音は高まるが、少なくとも同レベルの加速をしているときの騒音を比較すれば、その差は明らかだ。

 サーキットを1周して、走行モードをNORMALからSPORTに切り替えると、アクセルの踏み始めから、得られる加速力が段違いなのが分かる。SPORTモードでは、コーナリング中の荷重配分を後輪よりにして前輪の荷重を軽くする。そのぶん、タイヤの摩擦力をクルマの向きを変えるために使えるようになるので、ステアリングの操作に対するクルマの応答性が向上し、コーナリング中のクルマの姿勢をコントロールしやすい。

 今回の部分改良では、従来S-Editionのみだった構造用接着剤の使用を全車種に拡大し、塗布範囲も広くして車体剛性を向上させている。さらに、フロントとリアのショックアブソーバーを大径化し、ステアリングギア比もクイック化した。これらの改良も、ステアリング操作に対する車両の応答を向上させているのだろう。

従来は「S-Edition」のみだった構造用接着剤の使用を全車種に拡大し、塗布範囲も広くした。ショックアブソーバーとステアリングギア比も改良している(資料:三菱自動車)
従来は「S-Edition」のみだった構造用接着剤の使用を全車種に拡大し、塗布範囲も広くした。ショックアブソーバーとステアリングギア比も改良している(資料:三菱自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 次に、新型のS-Editionに乗り換えた。このモデルではコーナリングでの安心感がさらに高まる。従来モデルのS-Editionと同様に、ビルシュタイン製のショックアブソーバーを採用しているのだが、他の仕様に比べて減衰力を上げて、コーナリング中にロールする速度を抑えているのが特徴だ。このためコーナリング中にも車体がぐらりと傾くことがなく、より高い速度でも安心してステアリングを切ることができる。ショックアブソーバーの減衰力を上げると乗り心地の低下が気になるところだ。今回の試乗では「サーキット走行では」という限定条件付きではあるが、減衰力アップによる悪影響は感じなかった。

 このコラムでもマツダ「CX-5」や日産自動車の「エクストレイル」、フォルクスワーゲンの「ティグアン」、ボルボ「XC40」といったアウトランダーの競合車種を多く取り上げてきた。これらの、より新しい競合車種と比べると、アウトランダーは内装デザインに若干の古さを感じさせるものの、走行性能に関しては度重なる改良によって十分競争力を維持していると感じる。もちろん三菱自動車も、日産自動車とのアライアンスの下、新世代のプラットフォームを用意しつつあるのだろうが、いまアウトランダーを買ったとしても、後悔はしないはずだ。

 トヨタ自動車は、2018年1月に開催された世界最大級の家電見本市「CES 2018」で、モビリティ・サービス専用の自動運転EVのコンセプト車「e-Palette Concept」を発表しました。2020年に実証実験を開始することを目指しています。日産自動車も2018年3月に自動運転EVを使ったモビリティ・サービス「Easy Ride」の実証実験を横浜・みなとみらい地区で実施しました。トヨタや日産だけではありません。いま世界の完成車メーカーはこぞって「サービス化」に突き進んでいます。それはなぜなのでしょうか。

 「EVと自動運転 クルマをどう変えるか」(岩波新書)は、当コラムの著者である技術ジャーナリストの鶴原吉郎氏が、自動車産業で「いま起こっている変化」だけでなく、流通産業や電機産業で「既に起こった変化」も踏まえて、自動車産業の将来を読み解きます。自動車産業の変化の本質はEVと自動運転が起こす「価値の革新」です。その全貌を、ぜひ書店でご確認ください。

この記事はシリーズ「クルマのうんテク」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催、「なぜ世界はEVを選ぶのか」(全2回)

 日経ビジネスLIVEでは2人の専門家が世界のEV事情を解説するウェビナーシリーズ(全2回)を開催します。

 9月30日(金)19時からの第1回のテーマは「2035年、世界の新車6割がEVに 日本が『後進国』にならない条件」。10月14日(金)19時からの第2回のテーマは「欧州電池スタートアップのCTOが現地報告、巨大市場争奪の最前線」です。各ウェビナーでは視聴者の皆様からの質問をお受けし、モデレーターも交えて議論を深めていきます。ぜひ、ご参加ください。


■第1回:9月30日(金)19:00~20:00(予定)
テーマ:2035年、世界の新車6割がEVに 日本が「後進国」にならない条件
講師:ボストン コンサルティング グループ(BCG)マネージング・ディレクター&パートナー滝澤琢氏

■第2回:10月14日(金)19:00~20:00(予定)
テーマ:欧州電池スタートアップのCTOが現地報告、巨大市場争奪の最前線
講師:フレイル・バッテリー(ノルウェー)CTO(最高技術責任者)川口竜太氏


会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
主催:日経ビジネス
受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。