この定義によれば、それぞれのレベルの定義は以下のようになる。

  • レベル0(自動化なし)
  • レベル1(部分的な自動化):自動ブレーキ、車線維持支援機能など、単独の運転支援機能を搭載。
  • レベル2(複合機能の搭載):AEB、ACC、LKS、ハンドル操作の自動化など、複数の機能を組み合わせて、例えば高速道路で同じ車線を走り続けるなど、限定した条件の自動運転を実現する段階。人間は常にシステムの動作状況を監視する必要がある。
  • レベル3(条件付き自動化):人間の監視・運転操作は不要だが、システムが機能限界に達した場合には、人間に運転を移譲する段階。
  • レベル4(高度な自動化):「いくつかの運転モード」で人間の監視・操作が不要で、安全の最終的な確認も機械に任せている段階。
  • レベル5(完全な自動化):「すべての走行モード」で人間の監視・操作が不要で、安全の最終的な確認も機械に任せている段階。
自動運転のレベル。従来はレベル0~4に分けたNHTSA(米運輸省道路交通安全局)の定義が主流だったが、最近はSAE(自動車技術会)インターナショナルの定めたレベル0~5の分類を使うことが多くなっている(<a href="http://www.mlit.go.jp/road/ir/ir-council/autopilot/pdf/05/2.pdf" target="_blank">出典:国土交通省</a>)
自動運転のレベル。従来はレベル0~4に分けたNHTSA(米運輸省道路交通安全局)の定義が主流だったが、最近はSAE(自動車技術会)インターナショナルの定めたレベル0~5の分類を使うことが多くなっている(出典:国土交通省
[画像のクリックで拡大表示]

 これまで実用化されてきた自動運転機能は、前回のこのコラムで紹介した日産自動車の「セレナ」や独ダイムラー「Eクラス クーペ」に搭載されていたシステムのように、人間が常にシステムの動作状況や、外界を監視する必要がある「レベル2」だった。これに対して、アウディA8の搭載している「レベル3」のシステムは人間の監視が不要なのが大きな違いだ。

 なお、今回のレベル3の自動運転機能は、発売時点では利用できる状態で出荷されるものの、ドイツの規格審査当局の承認を待っている状況で、この承認が下りなければ利用できない。実際にレベル3の自動運転機能をユーザーが利用できるようになるのは2018年になるという観測もある。

使える条件は限定的

 レベル2でもレベル3でも、運転操作がほとんど不要という点では大きな違いはない。違いは監視が必要かどうかということだけだ。しかし、これは大きな違いである。監視が不要ということであれば、人間のドライバーは他のことをしていていいということになるからだ。将来の、無人運転につながる技術として、重要な一歩だ。

 ただし、今回アウディが実用化したレベル3の自動運転技術は、まだ非常に限定的なものだ。主に想定されているのは渋滞中の高速道路における自動運転である。速度は60km/h以下で、単一車線に限られている。しかも、ドライバーに監視の義務はないものの、「車両が要求した場合には、運転操縦を遅滞なく引き受けること」が求められている。このため、車載ディスプレイでテレビを見たり、メールをチェックしたりすることは可能だが、スマートフォンを見たり、コーヒーを飲んだり、新聞を読んだりといった作業は禁止されている。

次ページ 高性能LiDARを搭載