日産のバイオ燃料を使う燃料電池車「eバイオフューエルセル」はサトウキビから作ったエタノールを燃料に使うことでCO2フリーを実現する

 日産自動車が環境車の分野で反撃に出てきたな――。6月14日の同社の発表を聞いて、そう感じた。バイオ燃料を使う燃料電池車(FCV)を開発するという、一見地味な発表なのだが、なかなかどうして、日産の考え方が表れていて面白い。それは、トヨタ自動車、ホンダという競合メーカーに対して、独自の道を行くという意思表示のようにも見えた。

 日産のFCVのどこがユニークなのか。それを一言で表せば「水素を使わないFCV」ということに尽きる。筆者はこれまでこのコラムの第5回第15回第53回で、幾度となくFCVについて取り上げてきたが、一貫しているのは、FCVの普及に対して懐疑的であるということだ。

 その理由は既に書いてきていることの繰り返しになってしまうが、FCVという車両そのものよりも、燃料に水素を使うということがもたらす問題である。水素は天然に単体で大量に存在するものではないので、必ず他のエネルギーから作らなければならない。通常は天然ガスから作るのが最も低コストだが、製造時のエネルギー損失が大きいため、燃料製造時まで考慮したエネルギーの総合的な効率で、FCVはEV(電気自動車)に劣り、HEV(ハイブリッド車)と同程度にとどまる。最大の目的であるはずの環境性能で、FCVは必ずしも最良の解ではないのだ。

 太陽電池で発電した電力で水を電気分解することで、CO2の発生を伴わずに水素を作るという考え方もある。しかしそれだと設備にコストがかかりすぎ、天然ガスから作る水素と比べて、全くコストに競争力がないのが現状だ。そもそも、天然ガスから作る水素を使った場合でさえ、FCVの燃料代は、通常のハイブリッド車(HEV)のガソリン代と同程度にとどまる。しかもこの水素の値段は、コストベースではなくて、このくらいにしないとHEVと同等にならないよね、という水準から逆算して決めたもので、現状では採算が取れていない。

運搬も非効率的

 加えて、水素は気体燃料なので、運ぶにも、車両に積み込むにも非常に効率が悪い。水素ステーションに水素を運ぶ際にも、車両に積み込む際にも、非常に高圧で圧縮する必要があるのでそのためのエネルギーが必要で、水素を運搬するトラックや、水素ステーションの貯蔵設備のコストも高い。

 場所もとる。車両に搭載する際には、700気圧という高圧のタンクを使用して、なるべく容積を圧縮しているのだが、それでもガソリンタンクよりもずっと大きい。しかもタンクは円筒形状にする必要があるため、どうしてもかさばってしまう。従って、同じ車両サイズのクルマ同士で比較すれば、FCVはどうしてもエンジン車よりトランクルームを狭くせざるを得ない。つまり、クルマとしての魅力もエンジン車より低いわけだ。

 このように、FCVは環境に必ずしもいいわけではなく、燃料インフラの整備にはコストがかかり、ユーザーにとっては燃料補給が不便で、車両価格が高く、トランクルームは狭く、しかも維持費の面でもメリットのないクルマということになる。これでは、消費者がわざわざFCVを買う理由が1つもない。これが、筆者がFCVの普及に懐疑的な理由である。これに比べると電気自動車(EV)は、燃料費(電気代)がガソリンエンジン車の1/3以下で済む、わざわざガソリンスタンドに行かなくても家で充電できる、などのユーザーメリットがある。