マツダの新技術を勝手に命名!「SKY楽TIV」

コーナリングの始めはわずかに減速することで前輪荷重を増し、応答性を上げる。コーナリングが終了すると、わずかに加速することで後輪荷重を増し、安定性を上げる

閉じる