スティングレーは別格

 というわけで今回も前口上が長くなってしまったが、乗り込んでみよう。乗り味としては、スズキの新世代プラットフォームを使うスイフトやソリオに似ている。繰り返しになってしまうのだが、スズキの最近の車種で優れているのは、ボディ剛性とサスペンションのセッティングのバランスが優れていることだ。他社の製品では、ボディ剛性に対して足回りが硬すぎて、車体がブルブルと振動してしまう場合があるのだが、スズキの最近の車種はどれもそういうことがない。

 今回はマイルドハイブリッドを搭載するHYBRID FXとHYBRID FZ、それにターボエンジン(こちらもマイルドハイブリッドシステム採用)を搭載するスティングレーのHYBRID Tの3車種に試乗できたのだが、まず好感を持ったのが、FXとFZの市街地での良好な乗り心地だ。FXとFZのサスペンションのセッティングの違いは、FZだけがリアスタビライザーを装備していることだが、街中を走っている限りその差はあまり感じられない。モーターがアシストしてくれるので、交通の流れに合わせて走っている限りでは、それほどアクセルを踏み込む場面もなく静粛性も高い。

 ただ、高速道路に乗り入れると、不満点も出てくる。絶対的なパワーが不足しているので、本線へ合流するために加速する場面では、かなりエンジン音がやかましくなるし、巡航時も3000rpmくらいはエンジンが回るから、うるさいというほどではないが、やはりコンパクトカークラスと比べると騒音レベルには差がある。加えて、街中では快適だったサスペンションも、高速道路では継ぎ目を超えたときのショックをやや大きめに伝えるようになってくる。

 これが、ターボエンジンを搭載するスティングレーに乗り換えると印象はがらりと変わる。スティングレーでは、FX、FZに比べてバネやダンパーのセッティングが硬めなので、足回りもより引き締まった印象を与えるのだが、かといって街乗りでも硬すぎるというほどではなく、結果として、より落ち着いた乗り心地に仕上がっている。

 そういう印象に拍車をかけるのが振動や騒音がFXやFZに比べて一段低くなっていることで、スティングレーだけに設定されている吸音材が随所に配置されていることが効果を上げている。具体的には、カーペット下や、荷室の側面の内装材、フロントウインドー下端のパネル、フロントピラーのトリム裏などに吸音材が追加されている。

 しかも、スティングレーの試乗車はターボエンジン付きだったから、同じ加速度を得るにも、アクセルを踏み込む量が少なくて済む。エンジン回転数も上がらないので、軽自動車特有の「エンジンが頑張ってる感じ」が希薄だ。ターボ付きの余裕は高速道路走行で顕著になる。本線への合流も余裕でこなすし、巡航時のエンジン回転数も2000rpm程度なので騒音レベルも低い。これなら長距離走行でも疲労が少ないだろう。もちろん、ターボエンジンには代償も伴う。FXやFZの場合、一般道での走行を中心に高速走行をいくらか交えての燃費は、燃費計の読みで21~22km/Lだったのに対し、ターボエンジンを積んだスティングレーの燃費は15km/L程度にとどまった。

 心理学の本を読むと、「並」と「上」の2つの選択肢しかない場合、人は「並」を選ぶのに抵抗を感じないが、「並」と「上」の上に「特上」を用意して選択肢を3つにすると、大多数の人は、一番安いものを選ぶのに抵抗を感じ、真ん中の「上」を選ぶようになるそうだ。結果として選択肢を3つにすることは、客単価を上げることにつながる。

 同様に、従来のグレード構成だと、FXとFZの顔は同じだったからFXを選ぶことにそう抵抗を感じなかった顧客が、3つの顔の中から選ぶとなると中間グレードのFZを選ぶ顧客が増え、従来に比べて上級移行が進む――。新型ワゴンRの顔を3つに増やした背景には、シェア拡大以外に、そんな狙いも込められているのではないかと邪推している。

この記事はシリーズ「クルマのうんテク」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催、「なぜ世界はEVを選ぶのか」(全2回)

 日経ビジネスLIVEでは2人の専門家が世界のEV事情を解説するウェビナーシリーズ(全2回)を開催します。

 9月30日(金)19時からの第1回のテーマは「2035年、世界の新車6割がEVに 日本が『後進国』にならない条件」。10月14日(金)19時からの第2回のテーマは「欧州電池スタートアップのCTOが現地報告、巨大市場争奪の最前線」です。各ウェビナーでは視聴者の皆様からの質問をお受けし、モデレーターも交えて議論を深めていきます。ぜひ、ご参加ください。


■第1回:9月30日(金)19:00~20:00(予定)
テーマ:2035年、世界の新車6割がEVに 日本が「後進国」にならない条件
講師:ボストン コンサルティング グループ(BCG)マネージング・ディレクター&パートナー滝澤琢氏

■第2回:10月14日(金)19:00~20:00(予定)
テーマ:欧州電池スタートアップのCTOが現地報告、巨大市場争奪の最前線
講師:フレイル・バッテリー(ノルウェー)CTO(最高技術責任者)川口竜太氏


会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
主催:日経ビジネス
受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。