「Easy Ride」の実証実験に使われる自動運転車両。日産自動車のEV(電気自動車)「リーフ」をベースにしている(写真:日産自動車)

 餅は餅屋だな――。そう思わされたのが、2月23日に日産自動車とディー・エヌ・エー(DeNA)が共同で開催した記者会見だ。日産とDeNAは3月5日から18日にかけて、横浜・みなとみらい地区で「Easy Ride」と呼ぶ無人運転可能な車両を使ったライドシェアサービスの実証実験を実施する。このサービス内容を発表するのが今回の記者会見の目的だった。

今回の実証実験のコース。日産グローバル本社、横浜ワールドポーターズ、けいゆう病院、パシフィコ横浜の4カ所で乗降が可能(写真:DeNA)

 今回の実証実験には、日産の公式サイトで募集した一般消費者のモニター約300組が参加する。一般公道で、しかも一般消費者が参加する無人車両を使った実証実験は、これまで国内では例がない。この実証実験では、自動運転技術を搭載した実験車両にモニターを乗せ、日産のグローバル本社から横浜ワールドポーターズまでの合計約4.5Kmのコースを往復運行する。日産とDeNAの両社は、実験を通じてサービス内容の評価・確認を行い、将来的には、誰でも好きな場所へ自由に移動できる新しい交通サービスの実現を目指している。両社は、Easy Rideの実用化を3段階で考えており、第1段階となる実証実験の次には、第2段階として「限定環境サービス」を実施し、第3段階で「本格サービス」に移行する計画だ。

 実証実験の段階では、安全性やサービス品質の向上、運営プロセスの改善、事業スキームの確立に取り組む。次の限定環境サービスでは、限られた地域でサービスを開始する。サービスの内容は、かなり本格サービスに近いものにしたい意向だ。ここでサービスの仕様を最適化し、サービスエリアを拡大するとともに、地域パートナーを拡大する。そして2020年代早期に本格サービスを開始し、新しい交通インフラとして地域に定着させ、社会が抱える交通の課題解決につなげたいという。