ただし、実際にイグニスとクロスビーを見比べてみると、実用的な印象のイグニスに対して、遊び心満載という感じのクロスビーではかなり受ける印象が異なる。また、全高がイグニスの1595mmに対してクロスビーは1705mmと10cm以上も高いから、ボディサイズはかなり大きく感じる。動力性能の面でも、1.2Lの自然吸気エンジンを搭載するイグニスに対して、1.0Lターボエンジンを積むクロスビーは明らかに力強い。これに伴って価格帯も、イグニスは約140万~190万円とクロスビーより1クラス下だ。逆にいえば、明確な差別化をするために、イグニスとクロスビーでは違う搭載エンジンを選んだということはあるだろう。

大型高級車並みの後席スペース

 実際に室内に乗り込んでみても両車種の明確な違いを感じる。全長は確かに60mmしか違わないのだが、クロスビーはフロントもリアもかなりウインドーの立ったデザインを採用しているので、室内はクロスビーのほうがかなり広く感じる。フロントウインドーが遠く感じる前席もさることながら、スライドとリクライニングが可能な後席は、後ろにずらすとかなりの足元スペースが出現し、とても全長4m以下のクルマに乗っている感じがしない。実際、クロスビーの室内長は2175mmとイグニスより155mmも長い。

 そもそも最近の軽自動車は上級車顔負けのスペースを備えたクルマが多いのだが、その軽自動車のスペース効率向上技術を上級車種に持ち込んだのがクロスビーといえるだろう。スズキの説明によれば、後席を一番後ろにずらしたときの足元スペースは全長5mの高級車クラスに匹敵するという。外観は遊び心を感じさせるのに、実はスペース効率が非常に高いというのが、このクロスビーの最大の特徴になっている。

 もちろん、後席を一番後ろまでずらすと荷室スペースはミニマムになってしまうが、荷物があるときには後席を前にずらせばゴルフバッグ1個を収納できるくらいのスペースは確保できる。荷物が多いときには後席を一番前にずらせばいいし、この場合でも膝がフロントシートに当たらない程度のスペースは残る。さらに2輪駆動車では、非常に深さのあるラゲッジアンダーボックスがあり、これを活用すると、例えばベビーカーなどを立てて収納できるので荷室スペースを有効活用できる。

2輪駆動仕様の荷室の床下には深いアンダーボックスがあり、ベビーカーを立てて収納できる。