スズキの従来のプラットフォームでは、フロントの骨格からフロア下につながる骨格がフロアの途中で途切れていたのだが、新世代プラットフォームでは、フロア下につながる骨格が斜めに配置されて後輪の前で、フロアの両側を通る骨格(サイドシル)に結合されている。この考え方が、マツダや富士重工業の新世代プラットフォームと共通しているのだ。骨格同士を滑らかに結合することで、荷重が効率的に伝わるようになり、車体剛性を高めつつ、アンダーボディの重量を、従来の117kgから87kgに、30kgも軽量化できたという。

スズキの新世代プラットフォーム「ハーテクト」を裏からみたところ。写真は新型「アルト」のものだが基本構造はスイフトでも同じである。フロントからフロア下に続くフレームを斜めに配置したのが特徴

 軽量化の手はすべての部品に及んでいる。試乗会の会場にも展示があったのだが、フロントのサブフレームは、形状を直線に近づけ、左右のサスペンションアームの取り付け点に加わる横方向の力を効率よく受け止められる形状にしている。電動パワーステアリングのモーターは従来よりも小型・軽量化されているし、スタビライザーも新型では中空になっている。同社によれば、120kgの軽量化のうち、車体の寄与率が35%、足回りが15%、シートが10%、エンジンが10%、内装部品が10%、外装部品とドアがそれぞれ5%、残りが10%ということだ。シートだけで12kgも軽量化できたということだが、試乗の際に確認したところでは、シートの座り心地は犠牲になっていない。

フロントサブフレームの新型スイフト(上)と先代スイフト(下)の比較。新型スイフトでは形状を直線に近づけて、横方向に加わる力を効率的に受けられるようにした

 この軽量化の効果を競合他社と比べてみると、スイフトの軽さが分かる。例えば、売れ筋グレードと考えられる「HYBRID ML」の2輪駆動仕様の車両重量は900kgだが、これに対してトヨタ「ヴィッツ」の「F」(1.3L)は1000kg、ホンダ「フィット」の「13G Fパッケージ」は1020kg、日産自動車「ノート」の「15S」は1090kgで、競合他社は100~190kgも重いのだ。

 確かにスイフトは、全長が3840mmで、競合他車が3945~3990mmなのに比べて短いし、エンジンの排気量がスイフトの1.2Lに対して他社は1.3~1.5Lと大きいので、横並びの比較は不公平かもしれない。それでも、スイフトは競合他社に対して群を抜いて軽いといえるだろう。付け加えると、スイフトのHYBRID MLはマイルドハイブリッドシステムを搭載している車種であり、これを搭載していない「XG」(前輪駆動・CVT仕様)では、さらに30kg軽い870kgという車両重量を実現しているのだ。

リアのドアハンドルはどこ?

 新型スイフトは、デザインにも特徴がある。弧を描くような曲面で構成されたヘッドランプや、サイドウインドー下端の部分に丸みを持たせた車体側面の形状、フロントピラーやセンターピラーを黒色に着色してルーフ前半が浮いたように見せるデザインなどは、初代から続くスイフトらしいデザインを継承している。