2017年1月に発売された新型「スイフト」。写真は1.0Lターボエンジンを搭載した「RSt」

 このところ、スズキが攻めている。このコラムでも第18回で新型「アルト」第48回で「イグニス」第72回で「ソリオハイブリッド」を取り上げたが、今回のテーマは、1月4日に発売された新型「スイフト」である。新型スイフトは3代目になるのだが、これが少々ややこしい。というのも、スイフト、という名前の付いたクルマは、日本では4代目になるからで、今回の新型スイフトを4代目スイフト、と紹介しているメディアも多い。ではなぜ3代目なのか。

「3代目」と呼ぶ理由

 「スイフト」という車名は、古くは1980年代のコンパクトカー「カルタス」の初代・2代目モデルの海外仕様に使われていた。また、日本で最初にスイフトという名称が使われたのは、2000年に発売された「ワゴンR+」のプラットフォームを用い、一部の外板を軽自動車の「Kei」から流用したモデルで、このモデルは海外では「イグニス」という名称で販売されていた。

 その後2004年に、プラットフォームから新設計された世界戦略車として発売された「スイフト」を、スズキは国内での初代スイフトと位置づけている。この初代から数えて、今回の新型スイフトは3代目に当たるというわけである。筆者もスズキの呼び方に従って、今回の新型スイフトを3代目と呼ぶことにする。

 先代の2代目スイフトは2010年9月に発売されたのだが、このモデルは非常に気持ちのいいクルマだった。特に1.6Lエンジンを搭載したスポーツモデル「スイフトスポーツ」の6速手動変速機仕様は、手動変速機のクルマを運転する楽しさを再認識させてくれるモデルだった。なので、今回の新型スイフトの出来にはとても関心があった。

クラス随一の軽さ

 新型アルト、イグニス、新型ソリオと同様に、新型スイフトもスズキの新世代軽量プラットフォームの「ハーテクト」を採用している。そのほか車体各部の軽量化を積み重ね、モデルにもよるが、最大で120kgもの軽量化を果たしているのが特徴だ。このコラムの第18回でも触れたのだが、スズキの新世代プラットフォームで面白いのは、その構造に、マツダの新世代プラットフォーム「SKYACTIV BODY」や富士重工業の新世代プラットフォーム「Subaru Global Platform」との共通性があることだ。