ニュースで話題の謝罪を分析する

 上記の基準・条件をベースに、ニュースで話題になっている謝罪を分析してみると、謝罪について自分なりの考えを持てるようになります。私は図1のようにあらかじめ上記の枠組みを書いた紙を用意して、仕事用のノートにはさんでおき、謝罪ニュースで気になるものを書きだしています。

 書きだすことで、自分の考えが整理されていき、人と謝罪について話すときに、自分が良いと思う謝罪がどんなものなのか、考えるベースができます。

 例えば、ベネッセの個人情報流出事件のときには、ノートに下記のメモをしました。

図1 ベネッセ個人情報流出事件に関する筆者ノート
図1 ベネッセ個人情報流出事件に関する筆者ノート
図2 ベネッセ個人情報流出事件に関する筆者ノート
図2 ベネッセ個人情報流出事件に関する筆者ノート

 このほか、メモ欄には、個人情報漏えいのお詫びの金額は、業界標準で500円だったことや、当時の社長が発言し炎上に繋がったフレーズ、自分が感じたことなどを書き残しています。その後のニュースで、役員交代などの出来事があれば、追記をしています。

 このように自分なりに分析をした後に、人が分析しているものを読んだりすると、自分の頭の中に軸があるので、話を整理しやすいメリットがあります。私は参考のために、他の人の分析記事等をこのメモと一緒に保存し、自分が気づいていなかったことや激しく同意したことなどがあれば、ハイライトしています。

次ページ 自分だったらどう謝罪するか考える