元中国大使で、現在は日本中国友好協会の会長を務める丹羽宇一郎氏との対談の2回目。中国に深く関わってきた丹羽氏。日中で友好的にビジネスを進めるためには、文化の違いを認識したうえで、信用を築くことだと言う。一方で、安倍政権に対しては苦言を呈する。

(前回の記事「丹羽元中国大使『習近平は権限を委譲すべきだ』」から読む)

丹羽 宇一郎(にわ・ういちろう)
日本中国友好協会会長。1939年、愛知県生まれ。名古屋大学法学部を卒業後、伊藤忠商事に入社。1998年、社長に就任。2004年、会長に就任。内閣府経済財政諮問会議議員、総務省地方分権改革推進委員会委員長、日本郵政取締役、国際連合世界食糧計画(WFP)協会会長などを歴任し、2010年、民間出身では初の中国大使に就任。現在、公益社団法人日本中国友好協会会長、早稲田大学特命教授、福井県立大学客員教授、伊藤忠商事名誉理事。著書に、『人は仕事で磨かれる』(文藝春秋)、『中国の大問題』『習近平はいったい何を考えているのか』(共にPHP研究所)、『死ぬほど読書』(幻冬舎)、『戦争の大問題』(東洋経済新報社)など多数。(写真=吉成大輔、以下同)

山田:丹羽さんの書籍には、中国のことは好き嫌いじゃなく冷静に見ていかないといけない、中国をどう生かすかということを考えていかないといけないと書かれている。まったくそうだと思います。ただ、こういうようなことを言うと、すぐに親中派ですかとかそういう話になっちゃいますよね。

丹羽:僕なんかはしょっちゅう言われる。

山田:そういう単純な話じゃないんですよね。

丹羽:そうです。

山田:中国のことが嫌いなら嫌いでもいいし、どのような考えを持っていてもいいし、反対してもいいんです。嫌いでも何でもいい。だけど取りあえずはそういうのを置いておいて、中国というのはどういうところだということを冷静に見ないと判断できないし、ましてや日本の国益になること、策を決めるときにも判断を誤るだろう。だからまずは好き嫌いを取り払って考えてみたらどうですかということを言っているだけなんですけどね。

丹羽:それは私の場合もみんなレッテルを張っています。

山田:レッテルですよね。

丹羽:丹羽さんは中国寄りだと。でも、僕が言っているのは、思想や哲学で経済は動くものじゃないということです。共産党は嫌い、しかしもうかるから中国に行く。中国人にしても日本人は大嫌い、しかし日本に行ったらもうかるから俺は行く。経済というのはそういうものです。

 ただし、そこで前提が1つあります。相手をだましたり、日本の信用を失うようなことをして金もうけをしちゃ絶対にだめだ。金で買えないもの、それは信用だけだ。中国人の信用が大事です。

 だから本当に困ったらやっぱり信用があるということが支えなんです。信用がなくては長く付き合うことはできない。だから信用できる中国人を雇って、日本人を雇って仕事をする。札束だけ持っていってほっぺたをぶったたいて何でもできると思ったら大間違いだ。

山田:そうですね。

丹羽:中国の人には、日本人は嫌いでももうかると思うならやりなさい。日本人は好きだけどもうからないというのなら出ていきなさい、やったってしょうがない。好き嫌いとか思想や哲学で経済はやるものじゃないと言っていました。

山田:そういった意味では、丹羽さんも大変なときに中国で大使をやられていたわけですよね。

丹羽:どこに行ったって大変じゃない? 農民工と一緒だよ。どこに行ったって大変です。まあ、中国にたまたま行ったら大変だったというだけです。それは生きているということで、大変じゃなくなったら死ぬときです。

山田:ただ、日本では中国や韓国に対する言論とかを見ているとひどすぎる。中国に行って中国の中で同じことが言えるのか、韓国に行って同じことが言えるのか。そういうことを考えてから発言してみたらどうだろうというのを思うんです。