4月2日に開催された、鴻海(ホンハイ)精密工業によるシャープ買収の記者発表に、鴻海の郭台銘会長(中央)、シャープの高橋興三社長(右)と共に出席した戴正呉副総裁(写真=伊藤真吾/アフロ)

 シャープは5月12日、次期社長に鴻海(ホンハイ)精密工業の戴正呉副総裁が就任すると表明した。鴻海の出資金の払い込みが完了する6月下旬以降の就任を予定する。

 戴氏については、今年4月2日、買収の調印後にシャープと鴻海が大阪で開いた共同会見に郭台銘(テリー・ゴウ)会長と共に戴氏が出席したあたりから、郭会長の右腕として日本のメディアでも取り上げられることが増えた。日本通で、流ちょうな日本語を話すことから台湾で鴻海の「日本先生」「鴻海の徳川家康」などというニックネームで呼ばれていることが日本でも知られつつある。

 ただ、それ以上の情報はなかなか出てこない。鴻海の地元台湾ではもちろん、戴氏の話題がメディアで取りあげられることは日本に比べれば多い。私は鴻海の主力事業であるEMS(電子機器受託製造サービス)の情報を提供する会員制サイトで毎日発行するメールマガジンの編集をしている関係上、毎日複数の台湾メディアに目を通すことを日課にしているが、紙面に登場しない日はないほど露出の多い郭会長に比べ、戴氏の動静は、「忘年会で挨拶した」「鴻海の台湾工場で開いたシャープ製品の即売会でコメントした」等々といった話題が主。シャープとの共同会見に黄金のマフラーをして登場し日本人の度肝を抜いたような、強烈な個性を持つカリスマ経営者、郭会長に比べると、影の薄さは否めない。

 シャープ社長就任で今後、日本でも戴氏の露出は増えていくだろうが、予備知識として、台湾メディアが過去10年に伝えた報道を中心に、彼の人となりを見てみよう。

中小企業の鴻海に転職

 戴氏は1951年9月、台湾宜蘭で生まれた。大学は、台湾の大同工学院(現大同大学)機械学部を出た。この大学は、台湾における工業界の人材養成を目的に設立されたものだという。卒業後、同大の経営母体である台湾の総合電機メーカーTatung(大同)社に入社する。その後、2年に及ぶ日本での駐在生活で、日本語の読み書き能力を磨き上げ、後に鴻海で「日本先生」(日本通の意)と呼ばれる礎を築いた。

 1985年、戴氏は鴻海に転じる。現在、鴻海は主力の製造工場を置く中国をはじめ世界に約100万人の従業員を抱える巨大企業だが、戴氏の入社当時は300人足らず。売上高も2015年は約4兆5000億新台湾ドル(約15兆円)で、日本企業でこれを上回るのは約27兆円のトヨタのみというほどの規模に成長したが、戴氏の入社当時は3億新台湾ドル(現在のレートで約10億円)程度の中小企業に過ぎなかった。