シャープが2月25日に開催した臨時取締役会で、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業による買収提案の受け入れを決めた。

 鴻海の主力事業はEMSと呼ばれる電子機器の受託製造サービス業である。アップルから委託されiPhoneやiPadなどを製造しているのは周知の通りである。

台湾人のハードワークについて行けるのは40歳以下

鴻海精密工業の製造子会社富士康科技(Foxconn)が中国河南省鄭州に擁する世界最大のiPhone製造工場(2015年2月・筆者撮影)

 私はそのEMSに関する情報を提供する会員制サイトで毎日発行するメールマガジンの編集をしている。EMSの大手には台湾企業が多いので、私も彼らとの付き合いがあるのだが、とにかくよく働くことに驚かされる。中でも親しくしていて、わからないことがあると教えを請う、あるEMS企業の台湾人幹部がいるのだが、携帯電話に電話してもまず一度で出ることはない。といっても、トップや幹部の即断即決が台湾人のビジネススタイルなので、「日本のお客さんには付き合いで会議をするけれども、私が主催でダラダラ会議することはない」ため、会議に出ていることはまれ。たいていは、工場の生産ライン近くで顧客のアテンドをしているか、商談に向かう機上の人になっているかのどちらかのことが多い。

 だからいつも留守電を残しておくのだが、返事が夜中の10時、11時になることはザラ。日付が変わって携帯が鳴り、「遅くなってごめんなさい」とかかってくることも少なくない。どんなに遅くなっても返事をくれるのはありがたいし、その誠実な姿勢を尊敬もするのだが、反面、「彼の下で働く社員はさぞ大変だろうな」とも思う。実際、彼が在籍しているのは欧米系EMSの中国工場なのだが、あまりの働きっぷりに、中国人の社員たちは、畏怖のこもった気持ちを抱いて、遠巻きにして彼ら台湾人幹部を眺めている、といった格好だ。

 その台湾人幹部の彼が、「あの人の働きぶりはすごい」「あの会社には負ける」といってハードワークぶりを讃えるのが鴻海の郭台銘会長と鴻海の幹部社員たちである。

 その鴻海に、シャープは再建を委ねた。シャープが鴻海案を選択した理由として、7000億円という資金の大きさに加え、シャープを基本的には解体せず、社員の雇用も守ることが盛り込まれていたためだとの観測がある。ただ、まだ買収の交渉中だった2月初め、郭会長が、雇用を守るのを明言したのは40歳以下の社員だけだという話が伝わっている。実際にどうなるかは今後、徐々に明らかになるだろうが、シャープの社員は、ただでさえ血の滲むような再建の道のりを、台湾人も恐れをなす鴻海の面々とやることになる。体力が徐々に衰え始める40歳以上では、鴻海のハードワークについていけないということなのだろうと、私は解釈している。