大リーグ仕込みのコンサルタント球田が登場し、営業全員にヒアリングをかけました。

 その後で鷲沢社長と球田コンサルタントが話をしました。二人の会話を読んでください。

○鷲沢社長:「営業課長が何人かやってきたよ。『あの新しいコンサルタントはいったい何なのですか。勝つか負けるか、そればっかりです』と言ってきおった」

●球田コンサルタント:「何人かの営業課長から噛みつかれました。そういう言い方はよしてくれ、と」

○鷲沢社長:「大リーグ仕込みのコンサルタントだから、どうしても勝負にこだわってしまうのだ、と答えておいた。とはいえ、もう少しなんとかならんかね」

●球田コンサルタント:「勝負にこだわる、と言われるとちょっと違う気がします。他に考えることがあるのに勝負ばかり考えている感じです。そうではなくて、勝負以外に何もありません。野球は勝つか、負けるか、それだけです。勝つために日々練習しているわけです」

○鷲沢社長:「そういうのを勝負にこだわると言うのじゃないか。まあ、野球はそうかもしれないが、経営や営業はそれほど単純じゃない」

●球田コンサルタント:「営業もそうです。勝つために日々、営業活動をしているのです」

○鷲沢社長:「君のその言い方、いちいちひっかかるな。若い営業が萎縮しないか」

チキンハートでシーズンを乗り切れるか

●球田コンサルタント:「大リーグの世界だったら萎縮したとたんに選手生命がなくなりますけどね。営業もチキンハートでシーズンを乗り切れるはずがないです」

○鷲沢社長:「チキンハートって君ねえ……シーズンて何だ」

●球田コンサルタント:「私は『期』のことを『シーズン』と呼びます」