「勝った」だとか「負けた」だとか、そういう言い方、考え方でビジネスをしていてはいけない。しっかりした経営理念を掲げ、顧客のために活動し、社会に貢献していく。結果として商売がうまくいく。ビジネスは「勝ち負け」、勝負事ではないのだから。

 こういう意見があります。昨今、世間一般の常識になっている気がします。「あの人は勝ち負けにこだわりすぎる」と言ったら悪口でしょう。

 本当にそうでしょうか。鷲沢社長と球田コンサルタントとの会話を読んでみてください。

○鷲沢社長:「球田さん、あなたのような大リーグに精通している経営コンサルタントにお願いするのは初めてだ。よろしく頼む」

●球田コンサルタント:「ありがとうございます。全力で勝ちにいきます」

○鷲沢社長:「頼もしい」

●球田コンサルタント:「私は社長を胴上げするためにやってきました。『優勝請負人』と受け止めていただければ」

○鷲沢社長:「そうか……」

●球田コンサルタント:「勝負に徹する。これが私のポリシーです。非情の采配をお願いすることがあるかもしれませんが、勝つためです」

○鷲沢社長:「さっきから『勝ちにいく』とか『胴上げ』とか『優勝』とか言っているけれど、勝ち負けにこだわって短期的な思考に陥っては困る」

●球田コンサルタント:「どういうことですか」

○鷲沢社長:「野球の場合、相手のチームに合わせてピッチャーを選ぶことがある。コンディションが悪ければ途中で交代させる。しかしビジネスでは我慢も必要だ」

●球田コンサルタント:「商談の規模や難易度に合わせて営業を選んだり、うまく商談が進まないからといって営業を替えたり、そういうことができるとは限らない、と」

○鷲沢社長:「飲み込みがはやい。じっくり営業を育てなければならんときもある」

●球田コンサルタント:「野球も同じですよ。1試合とか1シーズンという単位で勝ち負けを考えているわけではありません。強いチームはもっと長期のスパンで考えています。ただし評価は厳しくやります」

○鷲沢社長:「どういうことかな」

●球田コンサルタント:「『頑張っている』『努力している』、これは評価指標にしません」