全2446文字

●蝶野会長:「ははあ、説得というか、要するに迷わないようにしてあげるわけですね」

○鷲沢社長:「意思決定の手助けをする。そこが大事だ」

●蝶野会長:「正しい知識を伝えれば、相手の決断が楽になります」

○鷲沢社長:「相手が決断力のあるお客様ならな」

「こんなに早く頭打ちになるとは」

●蝶野会長:「と、言いますと」

○鷲沢社長:「会長はフィンテックのベンチャー企業を始めて、このまま順調に事業を大きくできると思ったでしょう」

●蝶野会長:「ええ。そりゃあ、もう」

○鷲沢社長:「しかし、創業して3年が経ち、踊り場に来た」

●蝶野会長:「まさかこんなにはやく頭打ちになるとは思いませんでした。最初のアプリに対する引き合いがすごくて、これならいけると起業したのですが」

○鷲沢社長:「そう簡単ではなかった」

●蝶野会長:「だからメガバンクで豊富な経験を積まれた社長に来てもらったのです」

○鷲沢社長:「イノベーター理論ってわかりますか」

●蝶野会長:「新しもの好きがイノベーターで、初期採用者がアーリーアダプターで……という話ですね」

○鷲沢社長:「今、どういう段階ですか」

●蝶野会長:「当社が開発したフィンテックのアプリは、イノベーターだけでなく、アーリーアダプターにも届いています。次はアーリーマジョリティでしょうね。そうか、すぐに飛びつくタイプではありませんね」

○鷲沢社長:「決めない人にはいくつかのタイプがある。知識や経験がないから決められないタイプ」

●蝶野会長:「さっきの登山のケースですね」

○鷲沢社長:「専門家がやってきて、『これこれこういう理由で、今日はもう下山したほうがいい』とかアドバイスをもらったら意思決定できる」

●蝶野会長:「ええ」

○鷲沢社長:「状況に困惑して決めないタイプもある。ただ、状況が変われば決めてくれる」

●蝶野会長:「なるほど」