全3070文字

「やり方を知っていたらやるのか?」

○鷲沢社長:「なぜ真面目にやっていないと言い切れる」

●柿木リーダー:「さっきも言ったとおり、部下が成果を出せるように、マニュアルだとか、トークスクリプトとか、作って渡して説明しています」

○鷲沢社長:「だから何だ?」

●柿木リーダー:「なのにやらないのです」

○鷲沢社長:「それがどうした?」

●柿木リーダー:「えっ!」

○鷲沢社長:「それがどうした?」

●柿木リーダー:「私がやれと言っているのに、やらない。それが事実です。部下はやり方を知っているのですよ」

○鷲沢社長:「だから何だ?」

●柿木リーダー:「だから何だって……」

○鷲沢社長:「やり方を知っていたら、やるのか?」

●柿木リーダー:「やるでしょう! 仕事ですよ。給料をもらっているわけですから。上司が言ったことをやるのは当たり前です」

○鷲沢社長:「やり方を知っていたらやる――。そういうことができるのはトップセールスだけだ。凡人はやらない」

●柿木リーダー:「!」

○鷲沢社長:「成績の上がらない営業は『やり方』を知らないだけだと思っていたのか。『やり方』さえ教えたら、すぐにうまくいくと思っていたか」

●柿木リーダー:「当たり前です」

○鷲沢社長:「当り前じゃない!」

●柿木リーダー:「…」

○鷲沢社長:「さっきも言ったとおり、どれだけ多くの会社を私が見てきたと思っている。やり方さえわかったら、すべてうまくいく、そうだったら誰も苦労しない。誰も銀行なんて頼らない」

「やり方だけ教えてもダメ」

●柿木リーダー:「それならどうしたらいいのですか」

○鷲沢社長:「教えるのはやり方じゃない」

●柿木リーダー:「やり方じゃない?」

○鷲沢社長:「『やり方のやり方』だ」

●柿木リーダー:「はあ?」

○鷲沢社長:「知っていてもやれないことを、どうやったらやれるのか? そのやり方を会得してもらうことだ」

●柿木リーダー:「やり方のやり方って……。どうすればいいのですか」

○鷲沢社長:「君には難しいかもしれん。なぜなら『やり方のやり方』を知らなくても、君はできてしまうからだ」