「大変でしょう」と言われやすい職種と言われない職種

○子犬課長:「そういう話を聞くと、我々営業はまだいいと思いますね。業績のカギを握っていますから良くも悪くも社長から注目される。良くも悪くも、ですが」

●小鹿コンサルタント:「注目されるのは良いことですよ。営業の大変さを社長は理解していますし。そこが結構大事です。私見ですが『大変でしょう?』と言われやすい職種と言われない職種があると思っています」

○子犬課長:「営業やコンサルタントは言われるほうですかね」

●小鹿コンサルタント:「課長がおっしゃられたように私たちコンサルタントはよく『大変でしょう?』と言われます。お医者さんも学校の先生も言われると思います」

○子犬課長:「『大変でしょう?』と言われない職種の人は別の意味で大変ということですね」

●小鹿コンサルタント:「ええ。理解者が少ないということですから」

○子犬課長:「我々は恵まれているわけだ」

●小鹿コンサルタント:「そうだと思います」

○子犬課長:「ところでさっき労務の話が出ましたがちょっと気になることがあります。相談していいですか」

●小鹿コンサルタント:「どうぞ」

○子犬課長:「私は以前からハードに働くのが好きです。難しい仕事になると燃えますし、何時間でも働いていられます。もう癖になっています」

●小鹿コンサルタント:「わかります」

○子犬課長:「今の時代、そんなことを言っていられない。私はともかく、部下には強要できません。それはわかっているのですが、やらなくちゃいけない仕事はやらなくちゃいけません」

●小鹿コンサルタント:「その通りです」

○子犬課長:「先日、あるお客様の案件で急ぎの仕事があり、2日間部下と一緒に徹夜したのです」

●小鹿コンサルタント:「お疲れ様でした」

○子犬課長:「どうしてもやらなくちゃいけない仕事だったのです。こういうことは滅多にないのですが、なんと立て続けに起こりました」

●小鹿コンサルタント:「ほう」

○子犬課長:「2日間徹夜したあと、1日おいて、また同じ部下と徹夜仕事になったのです。今回は1日だけでしたが」

●小鹿コンサルタント:「1日とはいえ、かなりハードだったでしょう」

○子犬課長:「ハードワークは慣れていますが、ちょっときつかったですね」

●小鹿コンサルタント:「それで労務問題に?」

○子犬課長:「いえ、そうではなくて。二つ目の仕事を片付けた徹夜明けに部下が言ったことが気になりまして」

●小鹿コンサルタント:「何と言ったのですか」

○子犬課長:「徹夜はきついと思っていましたが、やり切ってみると案外気持ちいいですねって」

●小鹿コンサルタント:「ははあ、盛り上がってしまったわけですね」

○子犬課長:「徹夜なんてへっちゃらです。もっとやりましょう! バンバン仕事を持ってきてください、と言い始めました」

●小鹿コンサルタント:「それはちょっと心配ですね」

次ページ 「本来そんなことを言っていてはいけない」