「ノリが悪い人ほど残業が多い」。私はこう見ています。

 「ノリが悪い」とは、周囲に合わせる意識に乏しかったり、世の中の動きに対する関心が低かったりということです。そういう人は感度が落ちていきます。「長時間残業はもはや許されない」という時代の変化に気付かないのです。

 鈍感で他者の視点を慮ることができない柳本課長と鷲沢社長のバトルをお読みください。

●柳本課長:「社長、お呼びですか」

○鷲沢社長:「ああ、ちょっと私は怒っている」

●柳本課長:「ロッカーの整理をしている最中で時間があまりないのですが」

○鷲沢社長:「私は君に怒っている、そう言ったんだ」

●柳本課長:「総務がロッカーを早く整理してほしいと言ってくるものですから」

○鷲沢社長:「おい! 私の話を聞いているか」

●柳本課長:「聞いてますよ、社長。それで御用は何でしょうか」

○鷲沢社長:「D社との飲み会の席のことだ」

●柳本課長:「D社の広報戦略を当社が支援することが決まった日の件ですね。商談の後、食事に行きました。うちの竹虎常務も一緒でした。常務はあの社長のことがお好きのようでした」

○鷲沢社長:「D社の社長は君の態度にかなりご立腹だそうだ」

●柳本課長:「え、そうなのですか。初めて聞きました。あの人って怒りっぽいのですか」

○鷲沢社長:「竹虎常務が言っていた。君が場の空気を悪くさせたってな。社長が君をゴルフに誘ったら『ゴルフなんてスポーツではない、絶対にやりません』と答えたとか」

●柳本課長:「あの社長、赤ワインをけっこう頼んでいた気がします」

○鷲沢社長:「ワインなんてどうでもいい。ゴルフの話だ。どうして絶対にやらない、だなんて言いきった。相手が怒るのも当然だ」

●柳本課長:「社長が飲んでいた赤ワイン、どんな銘柄だったか忘れましたが高級品でした。すごく見栄を張っちゃって」

○鷲沢社長:「おいおいおいおいおい!」