●小鹿コンサルタント:「足で稼がないと駄目です。社長がいつも営業の皆さんに言っていることです」

○鷲沢社長:「……」

●小鹿コンサルタント:「二つ目のポイントは、話し掛けられたとき、相手の言っていることをきちんと受け取ることです」

○鷲沢社長:「頭ごなしに否定しては駄目ということか」

●小鹿コンサルタント:「そうです。話し掛けてきた相手を承認して受け取ってください」

○鷲沢社長:「しかし、明らかに変なこと言ってくる奴もいるからなあ」

●小鹿コンサルタント:「何でも受け入れろ、と言っているわけではありません。受け取るだけでいいのです」

○鷲沢社長:「受け入れるかどうかはともかく、受け取れ、ということだな。やってみよう」

信頼関係を築くやり方は営業活動と同じ

 部下がなかなか話し掛けてこない理由は単純です。「話し掛けづらい雰囲気」を出しているからです。

 「話し掛けたらどうなるのか」と不安に思っているということです。信頼関係がないと言い換えられます。

 信頼関係を築くやり方は営業活動とまったく同じです。信頼の花を咲かせるために「水まき活動」が大事です。定期的に「単純接触」を繰り返すのです。

 定期的に、という点が大事です。気付いたときとか、何かのついでに声を掛けるとかではなく、相手が働いている場所まで出向いて声を掛けましょう。

 そして何か問題提起をされたら、必ず受け取りましょう。思い切って話し掛けた事実を承認してあげることです。