多くの社員が「話し掛けづらい」と指摘

●小鹿コンサルタント:「何か問題があったのですか」

○鷲沢社長:「いい気付きを色々得られたのは確かだ。だが、どうしたらいいか分からない指摘が一つあった。結構な数の人が同じことを書いてきた」

●小鹿コンサルタント:「何ですか」

○鷲沢社長:「『話し掛けづらい』だ。そういうコメントが多かった」

●小鹿コンサルタント:「なるほど」

○鷲沢社長:「君もそう思うか」

●小鹿コンサルタント:「社長というポジションですから仕方がないところもありますよ。とはいえ社風が良いと言われる会社を見ると、社員の多くが『社長であっても気楽に話し掛けられる』とか『直属の上司に言えなくても、社長であればかえって色々なことを言える』 とか、そういう感想を持っています」

○鷲沢社長:「そうだよな。私が聴いた講話でも、そういう指摘があった。だが、『話し掛けにくい』と言われてもこういう性格だからなあ」

●小鹿コンサルタント:「性格はさておき、言動を変えることで、親しみやすい印象を与えることはできますよ。厳しい社長だけれども社員からすると話し掛けやすい。こういう社長が理想ですよね」

○鷲沢社長:「厳しいが話し掛けやすいなんて両立するのか」

●小鹿コンサルタント:「新入社員が選ぶ『理想の上司ランキング』を見ると、男性なら松岡修造さん、女性なら天海祐希さんが常に上位にランクインしています。どちらも厳しいときは、厳しそうですよね」

○鷲沢社長:「確かに。やるべきことをやってないとビシッと怒られそうだ。といって話し掛けられないということはないな。それなら私の厳しさはこのままでいいわけだ」

●小鹿コンサルタント:「コメントにそう書いてあったのでしょう? 『言いにくいことをズバリと指摘してくれる厳しい社長を尊敬しています』と」

○鷲沢社長:「厳しいこと自体は否定されていないと思う」

●小鹿コンサルタント:「改善すべきは『話し掛けにくい態度』のほうですね」

○鷲沢社長:「話し掛けにくい態度ねえ……。どうすればいいのか」

●小鹿コンサルタント:「ポイントは二つあります。多くの社長や組織のリーダーが心掛けていることです」

○鷲沢社長:「ぜひ教えてくれ」

次ページ 「社員1人に月に1回は声掛けを」