「意外にも高評価だった」

○鷲沢社長:「意外にも高評価だった。鳥山人事課長も驚いていた。『失礼ですが想像していたよりスコアが高いですね』と言われたよ。さすがに社長に対してあまりストレートに書けないのだろうか」

●小鹿コンサルタント:「無記名にしたのでしたらそういう遠慮はないでしょう。会社を変えたいという社長の気迫が社員に伝わっている証拠だと受けとめてよいのでは」

○鷲沢社長:「だとしたら嬉しい話だ。いつも怒ってばかりいるが、私の意図を社員は理解してくれているのだな」

●小鹿コンサルタント:「どんなコメントが書かれていましたか」

○鷲沢社長:「『社長の期待に沿う成果を出せなくて申し訳ない』とか、『言いにくいことをズバリ指摘してくれる厳しい社長を尊敬しています』とか」

●小鹿コンサルタント:「いいじゃないですか」

○鷲沢社長:「『銀行から当社に来たときは、どうせすぐいなくなると思っていた。だが、本気度が伝わってきて、見る目を変えた』という意見もあった」

●小鹿コンサルタント:「前半は本音でしょう。後半もそうではないですか。批判の声はなかったのですか」

○鷲沢社長:「『社長の考えがよく分からない』『何を言っているのか、腹に落ちない』とか、そういう意見があったな。ただし、かなり少数だった」

●小鹿コンサルタント:「質問はどうですか」

○鷲沢社長:「一番多かったのは『予材管理』についてだ」

●小鹿コンサルタント:「社長が進めようとしている、目標の2倍の営業の材料を予め仕込んでおき、目標を絶対達成させるマネジメント手法ですね」

○鷲沢社長:「『社長の言いたいことはだいたい分かる。ただし予材管理だけはもう少し説明してほしい』とか、『他の業界ならともかく、当社に予材管理のやり方が合うか、疑問に思う』とか」

●小鹿コンサルタント:「なかなか正直なコメントですね」

○鷲沢社長:「私としては説明が足りていると思っていたが、そうではないようだ。もう少し丁寧に、根気よく、予材管理について私の考えを話していかないと」

●小鹿コンサルタント:「いい気付きばかりがあったようで。やって良かったですね」

○鷲沢社長:「うーん」

次ページ 多くの社員が「話し掛けづらい」と指摘