厚生労働省が9月29日に発表した「一般職業紹介状況(平成29年8月分)」によると、8月の有効求人倍率は1.52倍となりました。7月の倍率も1.52倍で1974年2月の1.53倍以来、43年5カ月ぶりの高水準と言われていました。

 求職者数に対して企業の求人数が多い、売り手市場が続いているわけです。採用目標をなかなか達成できず、頭を悩ませている経営者が多いことでしょう。

 鷲沢社長と小鹿コンサルタントとの会話を読んでください。

○鷲沢社長:「駄目だ、駄目だ、駄目だ!」

●小鹿コンサルタント:「どうされました、社長」

○鷲沢社長:「新卒の採用目標を全然達成できていない」

●小鹿コンサルタント:「そういえば御社の採用目標は聞いたことがありませんでした」

○鷲沢社長:「6人だよ、6人。去年は7人が目標だったが4人しか採用できなかった。そのうち1人が半年で辞めた」

●小鹿コンサルタント:「結局3人ということですね」

○鷲沢社長:「その前は5人の採用目標で5人に内定を出し、入社が1名。しかし入って4カ月で辞めた」

●小鹿コンサルタント:「ゼロじゃないですか」

○鷲沢社長:「さらにその前の年は4人の採用目標で5人に内定を出したが1人だけ入社。その1人は今年になって辞めた。ここ数年、新しい社員が計画通りに増えていない」

●小鹿コンサルタント:「採用コストを結構かけているのでしょうね」