○鷲沢社長:「それもできてないのか」

●金光リーダー:「申し訳ございません」

○鷲沢社長:「私がリストアップした金融機関には書面を出してくれたか」

●金光リーダー:「あ、いえ……。何せ、バタバタしていたもので」

○鷲沢社長:「バタバタしていたと言うな!」

●金光リーダー:「す、すみません」

「頭を整理してサクタスしたまえ」

○鷲沢社長:「そんな論拠でよしとしていたら物事は解決しない。だからいつまで経っても仕事の生産性があがらない」

●金光リーダー:「おっしゃるとおりです」

○鷲沢社長:「君と話をした後、すぐに私がリストを作って渡したぞ」

●金光リーダー:「は、はい」

○鷲沢社長:「書面を送るのは君がやらなくてもいい。アシスタントに任せることもできたはずだ」

●金光リーダー:「う……ん。耳が痛いです」

○鷲沢社長:「君はいつも仕事をたくさん抱え込んでいるな。頭を整理して、もっと『サクタス』したまえ」

●金光リーダー:「さ、さくたす?」

○鷲沢社長:「さくさくタスクを処理することをサクタスと言う」

●金光リーダー:「はじめて聞きました」

○鷲沢社長:「語感がいいだろう。サクセスと表現が似ている」

●金光リーダー:「確かに……。『今日はサクタスしよう!』と言えば、気分が乗ってくる気がします」

○鷲沢社長:「そうか。『すぐやる』『やり切る』という表現もいいが、これはどうだ」

●金光リーダー:「あまり乗れません。そういう表現のほうが好きな人もいるでしょうが、私はサクタスのほうがいいですね」

○鷲沢社長:「さくさくタスクを処理するサクタス、と覚えておけ」

「まずタスクをはっきりさせろ」

●金光リーダー:「わかりました。これからサクタスを心掛けます。企画書もサクタスでやります」

○鷲沢社長:「待て」

●金光リーダー:「え」

○鷲沢社長:「今のままでは企画書の作成をサクタスできない」

●金光リーダー:「どういうことですか」

○鷲沢社長:「企画書の作成はプロジェクトだ。プロジェクトはタスクの集合体。まずタスクをはっきりさせないとさくさく片付けられない」

●金光リーダー:「タスク分解……」