部下に対しても、お客様に対しても、やたらと「ビビる」人がいます。必要以上に怖さを感じてしまうようです。それではビジネスで結果を出すことはできません。

 鷲沢社長と竹虎常務との会話を読んでください。

●竹虎常務:「今日は本当に驚きました」

○鷲沢社長:「何が」

●竹虎常務:「あの社長にあんなことを言うなんて……」

○鷲沢社長:「そうかな。当たり前の対応だろう」

●竹虎常務:「だって、ミスをしたのは当社です」

○鷲沢社長:「お客様のニーズをうちのクリエイティブ部門がわかっていなかった。だからあんな広告を出してしまった。100%うちが悪い」

●竹虎常務:「にもかかわらず、相手の社長に向かって『こっちから願い下げだ。もう御社の仕事は二度としない』と怒鳴るなんて」

○鷲沢社長:「そりゃそうだ。くどいんだよ! 向こうが」

●竹虎常務:「ですが……」

○鷲沢社長:「相手はうちより10倍以上、大きな会社だぞ。それなのに、こんな小さな広告代理店に執拗にクレームをつけてきた。黙っているわけにはいかん」

●竹虎常務:「執拗と言えば確かにそうですがだからといって」