私は企業の現場に入って目標を「絶対達成」させるコンサルタントです。絶対達成というからには、達成させるための「目標」が存在します。言い方は色々あり、「計画」あるいは「ノルマ」と呼ぶこともあります。

 ところが「ノルマなどないほうがいい」「目標を達成させようとするから、かえって萎縮する」という声が出ています。

 本当にそうなのでしょうか。犬神専務と鷲沢社長の会話をお読みください。

●犬神専務:「社長、弊社のホームページの件です。この案でどうでしょうか」

○鷲沢社長:「うーん。なんか、しっくりきませんね」

●犬神専務:「え! またしっくりこない?」

○鷲沢社長:「こういうホームページじゃないと思うのですが」

●犬神専務:「うちのデザイナーには結構頑張ってもらっています。何度も聞いて申し訳ありませんが、社長はどんなデザインが好みなのですか」

○鷲沢社長:「私の好みは別にいいですよ。デザインのことはよくわからないので」

●犬神専務:「そうですか……。しかし、しっくりこない、と仰るので」

○鷲沢社長:「ええ、これじゃない、とは思うのです。といって、こういうデザインにしてほしい、という主張があるわけでもない」

●犬神専務:「うーん……」

○鷲沢社長:「もう一度、デザインしなおしてもらえませんか」

●犬神専務:「わかりました。しかし……。もうこれで4回目ですよ」

○鷲沢社長:「それはわかっていますが、ホームページはわが社の看板みたいなものです。しかも当社は広告代理店なのですから、それなりのデザインじゃないといけません」

●犬神専務:「それはその通りです」

○鷲沢社長:「それじゃあ、よろしくお願いしますね」

●犬神専務:「ちょ、ちょっと待ってください。このホームページは結局のところ、いつまでに作ったらいいですか」

○鷲沢社長:「それは前からお話しているとおり、いいものが出来上がったら、それでいいのです。いつまででも待ちます」