●小鹿コンサルタント:「色々な会社に入ってコンサルティングをしていると『いい指摘をしてくれた、何らかの施策を作らなくては』と皆さん、言います。そこから二つに分かれます。片方は、考え抜いてアイデアを色々出し、しかもそのアイデアを形にしようとさらに考え抜く会社です。もう片方は…言わなくてよいですよね」

○鳥山人事課長:「うーん。確かに我々人事課にそもそも考え抜く習慣がないのかもしれません」

●小鹿コンサルタント:「人事課が考え抜いていない施策で、社員が考え抜く習慣を付けられるわけがありません。これは考えなくてもわかります」

○鳥山人事課長:「はっきり言ってくれるなあ」

●小鹿コンサルタント:「はっきり言えと仰ったのは鳥山課長です」

「考えているか」ではなく「考え抜いているか」を問う

 「考えているか」「考えていないか」の二択で質問したら、「考えている」と答える人のほうが多いでしょう。

 「目標を絶対達成させるために、もっと頭を使え! もっと考えろ!」

 こんなふうに叱咤激励する社長や上司は多いわけですが、こう言われると社員や部下としては反発したくなります。

 「これでも頭を使っています」

 「ちゃんと考えています。考えていないとどうして言えるのですか」

 これでは堂々巡りです。無駄な問答を避けるためにも、「考え抜いているか」という質問に変えてみましょう。

 トンネルを掘り始めたら途中で止めることなく、開通するまでやり抜けますか。それを問うのです。

 目標を絶対達成させるために「考え抜く力」が不可欠です。