●小鹿コンサルタント:「……」

○鳥山人事課長:「何ですか」

●小鹿コンサルタント:「いえ、別に」

○鳥山人事課長:「な、何ですか、小鹿さん。今日は思わせぶりな言い方が多いですよ。コンサルタントなのですから、はっきり言ってください」

●小鹿コンサルタント:「はっきり言ってよろしいですか」

○鳥山人事課長:「いいに決まっているでしょう。コンサルティング費用を払っているのですから、それなりの応答をしてください。遠慮は不要です」

「あなた、考えていますか」

●小鹿コンサルタント:「わかりました。社員に『考え抜く力』を付けてもらうための施策と仰いましたが、何ですか」

○鳥山人事課長:「え」

●小鹿コンサルタント:「どういう施策か、教えてください」

○鳥山人事課長:「いや、これから考えていこうという話ですから急に言われても」

●小鹿コンサルタント:「今すぐでなくてかまいません。いつ教えていただけますか」

○鳥山人事課長:「いつって」

●小鹿コンサルタント:「いつまでに施策を作るか、その期限を知りたいのです。仮の期限でいいですから教えてください」

○鳥山人事課長:「そう言われても……」

●小鹿コンサルタント:「課長」

○鳥山人事課長:「え」

●小鹿コンサルタント:「あなた、考えていますか」

○鳥山人事課長:「何ですって」

●小鹿コンサルタント:「考え抜こうとしていますか、今」

○鳥山人事課長:「う……」

●小鹿コンサルタント:「単に期限を決めるだけです」

○鳥山人事課長:「……」

●小鹿コンサルタント:「『考えていきますよ』と仰いました。もう一回聞きます。考え抜こうとしていますか。トンネルを開通させようとしていますか」

○鳥山人事課長:「そ、それは」

次ページ 「考えているか」ではなく「考え抜いているか」を問う