「最近、会議ばかり?」「あ、いつものことですよ」

○鷲沢社長:「それは関係ないですね。さっき言った通りです。広告業界のことを詳しく知らなくても分かると。いいですか、残念なことに、クリエイティブの皆さんが深夜まで働くのが現状のようです。それを私がおかしいと指摘すると、あなたはそれが普通だと答える。そうではなく、なぜ深夜まで働くのか、その理由を説明する。それがロジカルというものです」

●竹虎常務:「なぜと言われましても……。なるほど、残業が当たり前のようになっていることがそもそもおかしいと気付け、という意味でしたか」

○鷲沢社長:「ええ。それからもう一つ、商社の前、私は20年以上、銀行で仕事をして様々な業界の企業を見てきました。商社しか知らないわけではありません」

●竹虎常務:「そうでした。失礼しました」

○鷲沢社長:「亡くなられた先代の社長は以前、私にこう言われました。これからはグローバルだ。もっと世界に出なくてはならない、と。働き方の改革をしていかないと若い人はついてきませんし、外国人との仕事はもっと難しくなりますよ」

●竹虎常務:「確かに。残業するのが当たり前だと言ったら海外で通らないでしょうね」

○鷲沢社長:「気をつけなければなりません。長くやっていると、何が常識で、何が非常識なのか、分からなくなるときがあります」

●竹虎常務:「仰る通りです」

○鷲沢社長:「ここに昨年、前の社長が作られた中期経営計画があります。3年後までに海外拠点を3つ増やし、全社の売上を1.5倍に、営業利益を2倍にする、と書いてあります」

●竹虎常務:「はい。それから女性社員の数を3倍にし、女性管理者を現在の2人から10人にする、としています」

○鷲沢社長:「それなら、なおさら働き方を変えないと。夜の10時11時は当たり前なんて常務が言っているようでは、この計画を達成できませんよ」

●竹虎常務:「それはいけません。中期経営計画は先代社長の遺言のようなものです。絶対達成しなければなりません」

○鷲沢社長:「私はそのために来たのです。お任せください」

●竹虎常務:「ありがとうございます! 社長が亡くなり、少々参っていたのですが、今の言葉を聞いて元気が出てきました」

○鷲沢社長:「やりましょう。私たちがやらなければならないことは沢山あります」

●竹虎常務:「はい。燃えてきました」

○鷲沢社長:「心に火をつけておいて申し訳ありませんが、今日のところは帰ってください。もう8時半です」

●竹虎常務:「ありがとうございます。実は最近、会議ばかりで残業が続いていました。3日連続で夜10時を過ぎていましたから、遠慮なく今日は帰らせていただきます」

○鷲沢社長:「最近、会議ばかり?」

●竹虎常務:「あ、いつものことですよ。上半期が終わる9月は会議が多いのです」

○鷲沢社長:「申し訳ありませんが、またロジカルではないですね。上半期が終わる9月だと、どうして会議が多くなるのですか」

●竹虎常務:「下半期がスタートする10月の頭に全社会議があります。ここであれこれ発表するので準備が必要なのです。300名、全員が集まりますから、結構大きなイベントです」

次ページ 「全社員が集まる会議とはどういうことか」