本連載は架空の会社における対話を使って、営業目標を絶対達成するコツを2分間でお伝えするものです。

 まだ20代ながら優れたアプリを開発し、フィンテックベンチャーを起業した蝶野会長は、営業をはじめとする経営を50代の鷲沢社長に任せています。鷲沢社長はメガバンク出身、複数の会社で社長を務めてきました。

 鷲沢社長と蝶野会長との会話を読んでみてください。いつもは鷲沢社長が蝶野会長を叱咤激励するのですが、途中から風向きが変わっていきます。

「あれだけ言ってるのにわかっていない」

○鷲沢社長:「まったくダメだな。あれだけ言ってるのに全然わかっていない」

●蝶野会長:「社長、少しお疲れになっているのでは」

○鷲沢社長:「大丈夫です」

●蝶野会長:「最近、調子が悪そうに見えます」

○鷲沢社長:「気のせいですよ」

●蝶野会長:「社長に頼りすぎている私に責任があります。私もマネジメントをやりますから」

○鷲沢社長:「あなたは創業者であり、オーナーであり、何よりも優秀な技術者です。わが社を軌道に乗せるには、あなたの頭脳が頼りです。マネジメントなんて、私や他の連中に任せればいいのです」

●蝶野会長:「ありがとうございます。ただ、私も経営について、マネジメントについて、きちんと勉強したいと思っています」

○鷲沢社長:「創業して3年、大手の金融機関から認められつつある。今が大事なとき。あなたはまだ若い。もっと事業が安定してから、いくらでも勉強してください」

●蝶野会長:「そうですか。わかりました」

「行動を変えない営業が多すぎる」

○鷲沢社長:「それにしてもひどい。わかっているくせに、行動を変えない営業が多い」

●蝶野会長:「ずいぶん変わったと思いますが。社長に来ていただいてから、みんな、外に出るようになりました。以前はパソコンの前にずっと座っている営業がいましたが」