○鷲沢社長:「君のペースに周りが合わせてくれるとは限らない。君が納得して自信を持って話せる頃に、お客さんはブロックチェーン談義に飽きているかもしれん」

●揚羽課長:「……」

○鷲沢社長:「世の中は変わる。外部環境の変化は君のペースに合わせてくれないぞ」

●揚羽課長:「うー」

○鷲沢社長:「君の部下も同じだ」

●揚羽課長:「ええと、どういうことですか」

○鷲沢社長:「部下は予材管理のコンセプトを理解した。大量行動にも納得し、行動を変えようとしている。だが、理解し、行動していても、さっきの君のような状態だ」

●揚羽課長:「わかりました。彼らは自分のペースを変えていない」

○鷲沢社長:「そういうマイペース野郎に共通する口癖がある」

●揚羽課長:「『私なりに』ですね……」

○鷲沢社長:「自分なりにやっています。まず自分なりにできる範囲から取り組んでいます。こういうことを言う奴はいつまでたってもやらない」

●揚羽課長:「私も部下も問題はペースだったのですね」

○鷲沢社長:「自分のペースを崩さないマイペースモンスターは組織に不要だ」

●揚羽課長:「マ、マイペースモンスター……」

○鷲沢社長:「本人に悪気はない。やっているつもりだからかえって困る。個人のペースを組織のペースに合わせてもらう。それがマネジャーである君の仕事だ」

●揚羽課長:「やってみます。私の勉強のほうもペースを上げます」

全員マイペースでは目標を達成できない

 これまで通りのやり方では駄目だとわかっている。行動を変えようとして、それなりにやっている。そこで問題となるのは「ペース」です。

 一人ひとりがマイペースで仕事を続け、組織全体の目標を達成する。そんなことはありえません。

 全員のペースを合わせるための仕組みとルールを作り、徹底させる。それがマネジャーの役目です。