●小鹿コンサルタント:「具体的には、フィードバックだけでなく、フォローアップもしてほしい、ということです」

○鷲沢社長:「片仮名で分かりにくいぞ。もう少し詳しく言ってくれ」

●小鹿コンサルタント:「御社の部課長、つまりミドルマネジャーたちは、部下の言動に物足りなさを感じると、それを部下にフィードバックします。とてもよいことです」

○鷲沢社長:「以前はフィードバックもしていなかった。報告だけさせておいて、何もコメントしなかったから、私が徹底的に指導した」

●小鹿コンサルタント:「そのかいあって、皆さんにフィードバックの習慣は付いていると思います」

○鷲沢社長:「そこまではよいとして、フォローアップとは何だ」

●小鹿コンサルタント:「上長からフィードバックされたら部下は『気付き』を得られます。上長にそれを『学び』に変えてもらいたいのです」

○鷲沢社長:「さっきの定義からするとおかしくないか。自分で学んでいくわけだから、本人たちが自分で意識を変えないといかんだろう」

●小鹿コンサルタント:「気付きがあった部下は『こうしないといけないな』と考えます。が、すぐには実行できません。そこで上司がとことんフォローしてほしいのです。部下ができるようになるまで。そうでないと、いつまで経っても部下の方々に『学び』はありません」

○鷲沢社長:「うーん……」

●小鹿コンサルタント:「部課長の皆さんを集めていただければ私からレクチャーします」

○鷲沢社長:「やっぱりそれは部下の問題じゃないか。そこまでミドルマネジャーが面倒をみるべきなのか」

●小鹿コンサルタント:「気付いて自分から行動を変え、学んでいける人ばかりではありません。社内で簡単な意識調査をしました。結果をお見せしましょうか」

○鷲沢社長:「見なくてもだいたいわかる」

●小鹿コンサルタント:「社長もそうですよ」

○鷲沢社長:「なんだって」

●小鹿コンサルタント:「社長の部下である、幹部や部長の方々は社長からのフィードバックだけで本当に学んでいますか。社長からフィードバックを受けて『なるほど、そこは気付きませんでした。ありがとうございます』と口では言うものの、いっこうに変わっていませんよ」

○鷲沢社長:「私にもフィードバックだけじゃなく、フォローアップをしろ、ということか」

●小鹿コンサルタント:「その通りです。とはいえ、全員に対してではありませんから」