暑い夏が続くと、だれでも外回りを控え、涼しい社内にいたいと思うものです。しかし、営業はここで頑張ることで、営業目標の2倍の材料(予材)を仕込むことができるようになります。

 お客様との信頼関係に「花」を咲かせるために、予材を仕込み、育てる「水まき」を怠るわけにはいきません。

 鷲沢社長と小鹿コンサルタントとの会話を読んでください。

○鷲沢社長:「それにしても暑い日が続くな」

●小鹿コンサルタント:「はい」

○鷲沢社長:「君は夜、眠れているか?」

●小鹿コンサルタント:「大丈夫です」

○鷲沢社長:「コンサルタントという仕事は大変だな。クライアント先に行ったら、いつもそういう涼しい顔をしなければいけない」

●小鹿コンサルタント:「涼しい顔なのかどうかわかりませんが、暑くてたまりません、という表情で皆さんにお会いするわけにはいきませんね」

○鷲沢社長:「それはそうだ。暑くてもうぐったりです、と言うようなコンサルタントを頼りにはできん」

●小鹿コンサルタント:「社長が銀行で支店長をされていた頃はどうだったのですか」

○鷲沢社長:「どれほど暑くても、お客様をまわったな。火照った体、日焼けした顔、そのままでおじゃました」

●小鹿コンサルタント:「ものすごく暑苦しいと思われたのではないですか」

○鷲沢社長:「その通りだ」

●小鹿コンサルタント:「『荒鷲』と呼ばれていたくらいですものね。涼しい顔をしている荒鷲って、ちょっと想像つかないですから」

○鷲沢社長:「荒鷲の話は止めてくれ。それより問題はうちの営業たちだ。見積り資料を作らなくちゃいけないとか、商品開発の相談で忙しいとか、なんだかんだ言って外に行かない」