●金光リーダー:「相手と調子を合わせるとか、本当はそういうことが嫌いで、スマホのアプリを開発したいと、ここに入ったのですが」

○鷲沢社長:「まさか営業をすることになるとは思わなかったか」

●金光リーダー:「初めはびっくりしましたが、色々なことを覚えたいので大丈夫です。何事も慣れですね。今ではもうTシャツとジーンズで営業に行くなんてできません」

○鷲沢社長:「スーツとネクタイで営業に行ってみると気付くことが結構あるだろう」

●金光リーダー:「どこまでやれているかまだわかりませんが、相談に近い話をしてくれるようになったお客様もいます」

○鷲沢社長:「上出来だ。焦らず訪問を続けてくれ」

「見えている風景が変わりました」

●金光リーダー:「とはいえ、見えている風景が変わってきたのはスーツを着て2週間ぐらい経ってからでしょうか。最初の1週間は本当に嫌でした。1回や2回、やってみてもわからないものですね」

○鷲沢社長:「そうだ。ましてや、やってもいないことに先入観を持って判断してはいかん」

●金光リーダー:「はい」

○鷲沢社長:「ところで君はリュックで出勤しているのか」

●金光リーダー:「ええ。ビジネスリュックです」

○鷲沢社長:「最近、多いな」

●金光リーダー:「社長、質問していいですか」

○鷲沢社長:「なんだ」

●金光リーダー:「ビジネスリュックで営業してもいいのでしょうか」

○鷲沢社長:「突然、どうした」

●金光リーダー:「私は3ウェイのビジネスバッグを使っています。普通に手でも持てますし、ショルダーバッグとしてもいけますし、リュックにもなります」