ビジネスリュックを使うビジネスパーソンが急増しています。一度使った人が「ビジネスリュック以外は使えない」と言うほど便利なアイテムです。

 しかし、営業担当者がビジネスリュックを背負って、お客様を訪問してもいいのでしょうか。

 メガバンク出身で夏でもスーツとネクタイにこだわる鷲沢社長と、20代の金光リーダーとの会話を読んでみてください。

「ネクタイは訪問直前に締めます」

○鷲沢社長:「君はたしか24歳だったな」

●金光リーダー:「はい。社長」

○鷲沢社長:「最初に会ったとき、Tシャツとジーンズ、それにバスケットシューズという恰好だった」

●金光リーダー:「社内ではサンダル履きでした」

○鷲沢社長:「私が社長として来てから、全員にスーツとネクタイを強制した。これからさらに暑くなっていくが大丈夫かな」

●金光リーダー:「正直に言うと暑くてどうしようもないくらいです。ですからネクタイだけはお客様を訪問する直前に締めるようにしています」

○鷲沢社長:「外回りの間、ずっとネクタイをしているのは確かにきついだろうな」

●金光リーダー:「でも私は営業ですし、大手金融機関に通っていますからこの恰好に納得しています」

○鷲沢社長:「相手と信頼関係を築くには、その人たちの気持ちを理解することから始めないと。相手と調子を合わせる、それが第一歩だ」

●金光リーダー:「そのために同じ服を着てみる」

○鷲沢社長:「そうだ。相手が眉間にしわを寄せるような恰好をしないほうがいい」