現場に入ってコンサルティングをしていると、駄目な上司に出会います。多くの場合、駄目な上司は『あるなしマネジメント』をしています。

 「あるなしマネジメント」とは何でしょうか。

 獅子山課長と部下の蟻田が、外部コンサルタントの小鹿の前で面談を始めました。次の会話を読んでみてください。

○獅子山課長:「蟻田くん、調子はどうだ」

◎蟻田:「そうですね。なんとかやっています」

○獅子山課長:「先月の売上達成率は98%。もう一息だったな」

◎蟻田:「あと少しでした。申し訳ありません」

○獅子山課長:「今月はがんばっていこう」

◎蟻田:「はい、がんばります」

○獅子山課長:「新規開拓はどうだ」

◎蟻田:「やっています」

○獅子山課長:「ならいい。ただ、なかなか成果は出ないかな」

◎蟻田:「そうですね。すぐには形にならないものです」

○獅子山課長:「そうだな。とにかく意識してやっているな」

◎蟻田:「はい。意識して新規の開拓をやっています」

○獅子山課長:「ならいい。先日の展示会のフォロー電話だが、かけているな」

◎蟻田:「かけています」

○獅子山課長:「ならいい。反応はどうだ」

◎蟻田:「悪くありません」

○獅子山課長:「商談になりそうか」

◎蟻田:「それはなかなか……」

○獅子山課長:「そうか。残業は大丈夫だな。仕事を効率よくやって残業を減らしてくれ」

◎蟻田:「はい。部長からも、きつく言われているので」

○獅子山課長:「やっているな」

◎蟻田:「やっています」

○獅子山課長:「ならいい。すぐに効率を上げられなくても効率を意識してやっていこう」

◎蟻田:「しっかりやっていきます」

○獅子山課長:「よし、これから小鹿さんと話があるから君はもういい。現場に戻ってくれ。とにかく予材管理だ」

◎蟻田:「はい。予材管理ですね。やっています」

○獅子山課長:「予材管理をやっていれば時間がかかっても必ず目標を絶対に達成できるようになる。いいな」

◎蟻田:「はい。ありがとうございます」

○獅子山課長:「あ、もう一つ、来週のプロジェクト会議の準備、やっているかな」

◎蟻田:「あ、やっています」

○獅子山課長:「ならいい」

◎蟻田:「失礼します」

○獅子山課長:「おう、お疲れさん」

●小鹿コンサルタント:「……」

○獅子山課長:「ふう」

●小鹿コンサルタント:「……」

○獅子山課長:「あれが蟻田です」

●小鹿コンサルタント:「知っています」

○獅子山課長:「がんばってはいるのですが、なかなか芽が出ません。当社に中途で入ってきて3年目になります。そろそろ35歳ですから主任にしたいと思っているのですが、肝心の営業成績がいまひとつです」

●小鹿コンサルタント:「……」

○獅子山課長:「どうすればいいのでしょうか。以前はマネジメントなどほとんどやらなかったのですが、最近反省して、このようにやっているのですがなかなか」