夏のボーナスの時期が近づいてきています。営業の成績優秀者に対し、何らかの報奨金を支払う企業もあるでしょう。

 報奨金を現金で出したがる鷲沢社長と、それに異を唱える日高人事部長のバトルを読んでください。

●日高人事部長:「社長、本気で今年の夏のボーナスから成績優秀者に報奨金を出すのですか」

○鷲沢社長:「ああ、そうしたい」

●日高人事部長:「 10万円、 5万円、3万円の3種類と」

○鷲沢社長:「ナンバーワンの営業には25万円を渡そうかと考えている」

●日高人事部長:「現金で支払いたいと仰っているとか」

○鷲沢社長:「そうだ。給与としての課税処理はするが」

●日高人事部長:「賛成しかねます」

○鷲沢社長:「なぜだ」

●日高人事部長:「現金支給なんて下品だと私は思います」

○鷲沢社長:「下品?」

●日高人事部長:「人を札束で動かそうとする行為ですから」

○鷲沢社長:「見かけによらず君は神経質だな。営業は現金でもらったほうが嬉しいだろう」

●日高人事部長:「お言葉ですが、その発想が貧困です。政府のバラマキと同じじゃないですか」

○鷲沢社長:「話が飛躍しているぞ。借金をして営業に払おうというわけではない」

●日高人事部長:「それはわかっています」

○鷲沢社長:「上半期、営業部はよく頑張ってくれた。業績は回復しつつある」

●日高人事部長:「それもわかっています」