何かを極めるために1万時間は費やさなければならない。この「1万時間の法則」を口にする成功者は多いです。

 ざっと計算しますと、毎日5、6時間かけたとして1年で2000時間、1万時間に達するまでに5年かかります。1日3時間なら10年です。

 いくら極めるためとはいえ、これほど時間をかけないといけないのか、と戸惑う人もいることでしょう。反発する若者もいます。

 鷲沢社長と金光リーダーとの会話を読んでみてください。

「営業が元気だと会社が明るくなる」

●金光リーダー:「社長、どうぞよろしくお願いいたします! 金光と申します」

○鷲沢社長:「威勢がいいな」

●金光リーダー:「はい!目標は絶対達成します」

○鷲沢社長:「営業が元気だと会社が明るくなる」

●金光リーダー:「気持ちだけは誰にも負けません」

○鷲沢社長:「いいことだ。とにかく気持ち、マインドが一番大事だ。知識やノウハウは後からでも何とかなる。これは営業に限らない」

●金光リーダー:「そうですか、やはり。頑張ります。早速ですが営業の極意を教えてください」

○鷲沢社長:「極意? どうした、突然」

●金光リーダー:「知りたいのです。よろしくお願いいたします」

○鷲沢社長:「極意とは何だ」

●金光リーダー:「極意とは……。お客さんとうまく交渉するコツとか、クロージングのワンポイントとか」

○鷲沢社長:「クロージングのワンポイント?」

●金光リーダー:「そうです。営業って、クロージングが命ですよね」

○鷲沢社長:「ふう」

●金光リーダー:「どうかしましたか、社長」

○鷲沢社長:「君は去年の4月入社だそうだな」

●金光リーダー:「はい」

○鷲沢社長:「約1年で営業グループのリーダーになった」

●金光リーダー:「そうです」

○鷲沢社長:「急成長しているベンチャー企業だからできたことだ」

●金光リーダー:「まだ創業3年、急成長が続いていて楽しいです」