●雛形:「相談する前からできない理由を言うな、とか」

○鷲沢社長:「本当にその通り」

●雛形:「給料をもらっている以上、結果を出せ。結果を出さないなら給料をもらう資格がない。これが一番酷いです」

○鷲沢社長:「うん、一番だな。ショーグン、いいことを言うじゃないか」

●雛形:「社長! ちゃんと聞いてくださいよ」

○鷲沢社長:「聞いているから相槌を打っている」

「いつまで減らず口を叩いている」

●雛形:「私だけじゃありません。みんな不平を言っています。」

○鷲沢社長:「何がそんなに不平なんだ。さっきの相槌は冗談じゃないぞ。ショーグンの言っていることは世間では常識だ」

●雛形:「私はそう思いません。給料ドロボーだなんて言い過ぎです」

○鷲沢社長:「そうは言っていないだろう」

●雛形:「言ってます!」

○鷲沢社長:「カッカするな。それだけ文句を言うエネルギーがあるなら仕事にぶつけたらどうかね」

●雛形:「そこまでしたいとは思いません。それに上から目線でわーわー言われると、『やらされ感』ばかり覚えます」

○鷲沢社長:「聞き捨てならないな。少し口を慎んだらどうだね」

●雛形:「『やらされ感』があるまま、仕事をして、いい仕事ができますか? 私はみんなのためを思って社長に進言しているのです」

○鷲沢社長:「いつまで減らず口を叩いている。私が何も知らないと思っているのか。君がいう、みんなとやらの実績はどうなんだ」

●雛形:「うっ」