学校を出て社会人になったとき、あなたはどういう気持ちだったでしょう。昇進し初めて部下を持ったときはいかがでしたか。転職したり起業に関わったりした方であれば、その直後はどうでしたか。

 人生と仕事の節目の時期を振り返り、今の自分と比べてみると色々な気付きがあるものです。

 当時は何でも挑戦できたのに、最近はなぜか気持ちが乗らない、そのようなことはありませんか。がむしゃらに仕事をしていたのに数年経つと気が抜けてしまうことがあります。

 もしそうだとしたら、あなたは知らぬ間に「含み損を抱えた人」になっている危険があります。

 鷲沢社長と揚羽課長との会話を読んでみてください。

午前11時、会社でスマホに見入る課長

○鷲沢社長:「さっきから何をスマホで見ている」

●揚羽課長:「FXです。ドル円とユーロ円それぞれ両建てでポジションを持っているのですが値動きが激しすぎて……」

○鷲沢社長:「激しすぎるとどうなる」

●揚羽課長:「含み損が大変なことになります」

○鷲沢社長:「レバレッジをきかせているのか」

●揚羽課長:「10倍ほどです」

○鷲沢社長:「それじゃあキツイな」

●揚羽課長:「ええ。困りました」

○鷲沢社長:「ところで揚羽君」

●揚羽課長:「はい」

○鷲沢社長:「今は何時だ」

●揚羽課長:「え」

○鷲沢社長:「今何時と聞いている」

●揚羽課長:「ええと11時4分です」

○鷲沢社長:「夜の11時4分か」

●揚羽課長:「いえいえ、午前11時4分です」

○鷲沢社長:「君は今どこにいる」

●揚羽課長:「会社にいますが」