どのようなデータベースをどのように管理するか

 ビジネスをするうえで顧客データベースをどう管理するのか。言うまでもなく重要です。顧客を定義し、集めるべきデータを、営業組織、営業個人といった単位で分解していき、それぞれの単位な必要な情報を付記していきます。この取り組みはお客様と正しく向き合うために不可欠です。

 顧客以外にも重要なデータは沢山あります。製品知識、業界知識、競合他社の知識、営業テクニックなどをまとめ、組織内で共有し、適宜アップデートしていく。これは組織の営業力を高めるために外せません。

 データベースという言葉で一括りにして説明しましたが、データによって集め方、蓄積の仕方、活用の仕方はそれぞれ異なります。どのようなデータベースをどのように管理するか。どんなビジネスをするうえでも大切なことです。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。