あらゆるモノがインターネットに接続する「IoT」の時代がやってきたと言われ、センサーの役割が高まりつつあります。

 高性能センサーに対抗するわけではありませんが、人間としても検知能力を高めておかないとスピードが問われる今の時代を乗り切ることはできません。

 愛社精神は人一倍あるものの何事にも先入観を持ってしまう明石専務と、鷲沢社長とのバトルを読んでみてください。

●明石専務:「社長、今は『センサー』の時代だと聞きました」

○鷲沢社長:「センサー?」

●明石専務:「先日、あるセミナーに参加して、モノがインターネットにつながる『IoT』の技術が普及すればするほど、センサーがさらに重要となってくると聞きました」

○鷲沢社長:「何らかの情報を検知して集め、分析する必要があるからな。確かに、高性能なセンサーが求められるだろう」

●明石専務:「年間1兆個のセンサーが活躍する時代がやってくるそうです」

○鷲沢社長:「食べ物の袋にもパンツの中にもセンサーが入ってくるというわけか」

●明石専務:「当社も色々考えていったほうがいいですね」

○鷲沢社長:「当社は商社だから、社員一人ひとりが情報を検知する力をもっと養わなければならんな。情報に鈍感な人間は取り残されていくだろう」

●明石専務:「人間がセンサーということですか」

○鷲沢社長:「そうだ。検知能力が高い社員をマーケッターとして活用したい」

●明石専務:「マーケッターで思い出したのですが、ライバルのX社を見習って当社もマーケティング部を置いてはどうでしょう。X社の広報戦略には見習う部分が多くあります。マーケッターを5人も抱えたマーケティング部があるから、ああいうことが出来るのだと思うのです」

○鷲沢社長:「誰に吹き込まれた。君のアイデアじゃないだろう」

●明石専務:「じ、実はそうです。この間当社にやってきた人事コンサルタントがそう言っていました」