改革を推し進める鷲沢社長は援軍として外部から小鹿コンサルタントを招聘しました。しかし、鷲沢社長と小鹿コンサルタントの意見がなかなか合いません。

 強いリーダーシップで組織を引っ張りたい社長と、対話重視のコンサルタントの考えがぶつかり合います。

 外部コンサルタントと鷲沢社長との会話を読んでください。

●小鹿コンサルタント:「社長、そんなに立腹されなくとも……」

○鷲沢社長:「いい加減にしてもらいたい、本当に」

●小鹿コンサルタント:「しかし……」

○鷲沢社長:「しかし、じゃないっ」

●小鹿コンサルタント:「うーん」

○鷲沢社長:「営業部長のくせに、いまだに自分が達成しなければならない目標を即答できない。何度言ったらわかるのか。まったく信じられん」

●小鹿コンサルタント:「社長、そう感情的にならず……」

○鷲沢社長:「あなたは最近当社に出入りし始めたからまだわからない。社長になったときから、目標に焦点を合わせてほしい、と口を酸っぱくして言ってきた」

●小鹿コンサルタント:「存じ上げています」

○鷲沢社長:「目標に焦点を合わせているかどうか、何を聞けばわかる」

●小鹿コンサルタント:「目標そのものですね。焦点を合わせているなら脳のワーキングメモリに常駐しているはずですから即答できるでしょう」

○鷲沢社長:「その通り。営業部長なら『私の目標は7億8200万円です』と1秒以内に言えなければ駄目だ。続けて『この目標を絶対達成するには新規の取引先を最低7社は獲得しなければなりません。そのために毎月私が心掛けるべきことは……』といったようにアクションプランも言えないといけない」

●小鹿コンサルタント:「メモなど見ずに、すらすらと、ですね」

○鷲沢社長:「だが何度聞いても営業部長は『ええっと……』『私の個人の目標ですか、それとも部の目標でしょうか』などと、のらりくらりで即答できない」

●小鹿コンサルタント:「何度も社長から言われているのであれば、いい加減、即答できるようにならないといけませんね」

○鷲沢社長:「ああああ、腹が立つ!」