「こんなことで会社として成立するのか」

●球田コンサルタント:「質問に答えてほしい。部下指導、キャリア形成の方針はどうなっているのか」

○鳥山人事課長:「そ、それは」

●球田コンサルタント:「営業部は一枚岩になっていない。他部門もそう。こんなことで会社として成立するのか」

○鳥山人事課長:「それでは言わせてもらいます。そもそも営業部の人材教育の方針を我々人事が決めるべきなのですか」

●球田コンサルタント:「どういう意味か」

○鳥山人事課長:「営業部の人材なのですから営業部で決めるべきです」

(球田コンサルタントが無言のまま、思い切り、机を叩く)

○鳥山人事課長:「ひぃ」

●球田コンサルタント:「妄想の次は詭弁ですか」

○鳥山人事課長:「詭弁とは失礼な」

●球田コンサルタント:「それなら人事課の教育方針を言ってください」

○鳥山人事課長:「え……」

●球田コンサルタント:「営業部の教育方針は営業部で決めろと言った。それなら人事課の教育方針はあなたが決めるわけだ」

○鳥山人事課長:「い、いや」

●球田コンサルタント:「私はあなたの部下たちからもヒアリングしている。教育方針などありません、と口を揃えていた」

○鳥山人事課長:「人が悪い。部下に聞いたのなら私に聞かなくても」

●球田コンサルタント:「あなたが方針を出しているが部下に伝わっていない可能性もある。もう一回聞く。人事課の教育方針を言ってください。それから『ああ言えばこう言う』は止めてもらいたい」

「具体策も指標も無い」

○鳥山人事課長:「……色々なことをこなせる人材を育てたい。人事だけやっていればそれでいい、というわけにはいかないので」

●球田コンサルタント:「なるほど。一応方針があるじゃないですか。具体策を聞かせてください。それから方針通りに育っているかどうかを確認する指標も」

次ページ 自信なく「うちはOJTで」と仰る幹部たち