人不足が深刻な時代となりました。若い人財を確保することは非常に難しく、これまで通りの募集の仕方では良い人財が集まらなくなっています。

 採用が困難になると企業は守りの姿勢に入ります。人が入ってこないわけですから、今いる人財が流出しないよう躍起になるのです。人財流出を恐れるとはいえ、過剰な対応は慎みたいものです。

 今回のテーマは「ヘリコプター上司」。過保護な小鹿常務と鷲沢社長との会話を読んでみてください。

●小鹿常務:「社長、探しましたよ。こんなところにいらしたのですか。どうしても申しあげたいことがあって探し回っていました」

○鷲沢社長:「どうしたんだ、突然」

●小鹿常務:「どうしたも、こうしたもないですよ、社長。経理部の犬塚さんに仕事を頼んだでしょう」

○鷲沢社長:「経理部の犬山さん?」

●小鹿常務:「犬塚さんですよ。名前も知らない相手に仕事を頼むんですか、社長は」

○鷲沢社長:「そんなに突っかかるな。どうした、その犬塚さんは」

●小鹿常務:「社長が仕事を頼んだのですよ」

○鷲沢社長:「私が?」

●小鹿常務:「今朝、社長室スタッフの仕事を経理部の犬塚さんに頼んだそうじゃないですか」

○鷲沢社長:「ああ、それか。ちょっとした資料作成を頼んだ。スタッフがひとり風邪をひいて休んだと言うから」

●小鹿常務:「困るんですよ、勝手に犬塚さんに頼まれると」

○鷲沢社長:「そうか。だが常務の君が言いに来ることかね」

●小鹿常務:「それなら犬塚さんが直接社長に言えばいいとでも言うのですか。彼女は派遣社員ですよ。いくらなんでも社長に面と向かって言えませんよ」

○鷲沢社長:「そうかもしれん。ただ、私はその犬塚さんに聞いた。『少しの時間、助けてもらってもいいかな。急にスタッフが休んでしまって』と。笑顔で承諾してくれたぞ」