組織に新しい手法や情報システムを取り入れる際、やたらと他社の「導入事例」を知りたがる人がいます。

 事例を参考にして意思決定をするというのですが、これではバイアスがかかった決断プロセスになります。なぜでしょうか。

 牛尾システム部長と球田コンサルタントの会話を読んでみてください。

「社長に頭にきている」

●球田コンサルタント:「相談とは何でしょう」

○牛尾システム部長:「ちょっと頭にきているので話を聞いていただきたいのです」

●球田コンサルタント:「頭に死球を受けたバッターのような気分、ということですか」

○牛尾システム部長:「そういう意味ではないです。あなたは何でもかんでもベースボールに例えるそうですね」

●球田コンサルタント:「大リーグで選手の育成に携わった期間が長いので」

○牛尾システム部長:「そういう癖はなかなか抜けないでしょう。私もシステム屋の癖がついているのかもしれませんが」

●球田コンサルタント:「社長と何かあったのですか」

○牛尾システム部長:「図星です。頭にきている相手が社長だとどうしてわかったのですか」

●球田コンサルタント:「この会社でミドルマネジャーがバトルしている相手は90%以上の確率で社長です。どの部門の長でも同じ。興味深い傾向です」

○牛尾システム部長:「社長は物事を決めつける性格だから、すぐ頭ごなしに言ってくる。だから頭にくるのです」

●球田コンサルタント:「私は別の見方です。社長は論理思考のレベルがかなり高い」

○牛尾システム部長:「そうですか」

●球田コンサルタント:「ものの言い方は修正すべきかもしれませんが、思考は常に論理的です。そういう社長はなかなかいない。だから社長に頼まれたとき、御社の支援をしようと決め、日本へ戻ってきたわけです」