やってみなければわからないことなのに、考えてばかりいる人がいます。何も心配することなどないのに、不安に駆られてばかりいる人がいます。どちらも頭の中の雑念(ノイズ)にとらわれているのです。

 インターネットの時代になり、便利になった半面、雑念に惑わされる人が昔よりも増えている気がしてなりません。

 鷲沢社長と、入社2年目の営業、雛形くんとの会話を読んでみてください。雛形くんの頭の中にハエが飛んでいることがわかります。

●雛形:「社長、お呼びでしょうか」

○鷲沢社長:「ああ。なかなか話をする機会がないから、今日はわざわざ来てもらった」

●雛形:「はい……。ありがとうございます。私も社長とお話しするチャンスなんて、滅多にないですから」

○鷲沢社長:「入社して2年だったな」

●雛形:「ええ、今度の4月から3年目に入ります」

○鷲沢社長:「どうだ、営業に慣れてきたか」

●雛形:「そ、そうですね。……慣れてきたとは思いますが、十分に結果が出ていないので、その……心苦しいと言いますか、その」

○鷲沢社長:「確かに結果は出ていない。先日、君の上司の熊岡課長と話をした。君がなかなか目標を達成できない理由を聞いたら『彼はまだ2年目なので』と言っていた」

●雛形:「はあ、2年目は2年目ですが……」

○鷲沢社長:「それを聞いて私は熊岡課長を怒鳴りつけた」

●雛形:「え! それは……」

○鷲沢社長:「2年目だろうが、10年目だろうが、そんなことはまるで関係がない。確かに経験を積むことで効率よく目標を達成できるようになるだろうが」

●雛形:「ああ、そうですか……。はい」

○鷲沢社長:「私の言っている意味がわかるか」

●雛形:「ええと……。あの……言いにくいのですが、2年目と10年目ではやはり違うのではないでしょうか」